SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

ニフティとビットアイルはなぜいま手を組んだのか―日本のベンダー同士が手を組むメリットを訊いた


 「モバイルファースト、クラウドファースト」これはベンダーが言い始めたことだが、いまやユーザーにもかなり浸透した。何か新たなシステムをと考えた際に、それがクラウド上で実現できないかを検討するのはもはや当たり前。とはいえ、クラウドだけですべてを完結できる企業はほとんどない。多くが同時にオンプレミスのシステムを運用し、将来的なプライベートクラウド環境の構築も視野に入る。そんな中でたんにパブリッククラウドを利用するというのではなく、より効率的に利用するするためにパブリッククラウドとデータセンターを組み合わせるという、新たな利用形態にも注目が集まっている。

パブリッククラウドとデータセンターを組み合わせる新たなユーザーニーズ

高倉敏行氏
ビットアイル 高倉敏行氏

 「ニフティの上野さんとは、顧客のニーズとしてパブリッククラウドとデータセンターの組み合わせというのが出てきているねという話はしていました」と語るのは、株式会社ビットアイル マーケティング本部長 高倉敏行氏だ。

 独立系データセンター事業者であるビットアイルとクラウドサービスを提供するニフティ。両社が提携する背景には、クラウドに対するユーザーニーズの変化があった。これまでは、価格やサービス品質をくらべ「どのパブリッククラウドを選択すべきか」を考えてきた。それがいまでは「どういったクラウドの利用形態を選ぶか」に変わりつつあるのだ。

 データセンターとパブリッククラウドを組み合わせれば、自社に大きな帯域の高価なネットワークを引かずともパブリッククラウドとオンプレミスのシステム、あるいはプライベートクラウド環境をシームレスかつ効率的に連携できる。そのような環境がなければ、クラウド上にいくら立派なシステムを作ってもオンプレミスとのデータ連携にはかなり苦労することになる。

 つまり、電子メールなどクラウド上だけで完結するシステムなら移行しやすいが、さまざまなシステムが連携しデータのやりとりがある業務システムをクラウド化するのは難しいのだ。セキュリティに対する懸念やガバナンス面からの企業ルールによる制限で、パブリッククラウドには置きたくないシステムは必ずある。そういったシステムとも密に連携する業務システムは、なかなかクラウドには置けない。この課題を解決するのが、今回の提携で実現しているようなパブリッククラウドとデータセンターの組み合わせというわけだ。

次のページ
業務システムをクラウド化するにはパブリッククラウドとデータセンターを連携せよ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/6189 2014/10/07 14:09

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング