SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

オンプレミスの巨人はどこへ向かうのか?IBM InterConnect 2016を振り返る

 IBMといえば「オンプレミス」の代表格のような存在。もちろんこれまでもクラウドやオープンソースなど新しい取り組みもしてきたものの、ここ1年で大きく加速したという。あらためてIBM InterConnect 2016を振り返る。

IBMはハイブリッドクラウドをどう進めていくのか

 今回のIBM InterConnect 2016(以下、InterConnect)で最も強い意気込みが伝わってきたキーワードを挙げると「ハイブリッドクラウド」だった。それは意気込みというよりは「ドヤっぷり」と言ってもいいかもしれない。

IBMはハイブリッドクラウドのプロバイダーとして優位に立ち、さらに強化する姿勢を出した

 IBMは「企業向けハイブリッドとプライベートクラウドプロバイダで首位」という調査結果を出し、「我こそはハイブリッドクラウドの覇者である」という自信を見せ、「さらに強化していく」という意気込みを示した。  

 あらためてハイブリッドクラウドという環境を考えると、既存の環境から新しい環境に手を広げつつ両立させるものとなる。混在であるからには相互に行き来できなくてはならない。既存のシステムや習慣を温存しつつ、新システムや新技術にもアクセスできるようにすることが重要であり、発表はそのための解決策が多かったように思う。  

 今回重要なトピックを絞るなら、IT管理者(インフラ)向けにはVMwareとの統合、開発者向けにはSwiftをIBM Cloudで利用可能としたことが挙げられる。前者はIBM CloudでVMwareの技術を利用可能とするもので、利便性や可能性を大きく広げ、クラウド事業を大きく躍進させることにつながりそうだ。  

 後者に次点を加えるならGitHubとの連携となるだろう。GitHubのモダンな手法をエンタープライズの開発環境でも利用可能とする。エンタープライズ開発環境の外にあった新しいものをIBMの環境に取り込むことになる。新旧アプリケーションのハイブリッド化と言うとこじつけかもしれないが、既存の環境と新しい環境をつなげたと言えそうだ。  

 ハイブリッドクラウドに関して、IBM SystemsのSenior Vice Presidentを務めるTom Rosamiliaは「ハイブリッドクラウドを極めるとは、インターフェースを極めることである」と話していた。

Tom Rosamilia, Senior Vice President, IBM Systems  

 具体的には新しいコネクトシリーズの発表につながる。API Connect、App Connect、Message Connect、DataWorks、IBM WebSphere Blockchain connect、IBM z/OS connectだ。あらゆる層であらゆるものをつなげる。こうしたコネクトシリーズはハイブリッド環境におけるアプリケーションで有効となりそうだ。

次のページ
パートナーシップや買収で起きる化学変化に期待

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:https://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/7796 2016/03/07 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング