SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine編集者ブログ

フィンランド企業に学ぶ「2つのサ活」:サウナとサイバーセキュリティ

 ここ数年、サウナブームが続いています。サウナといえば、フィンランドがメッカ。フィンランドといえば、他にもトナカイ、サンタ、ムーミン、マリメッコ、イッタラ……。いろいろありますが、忘れてならないのがIT先進国であること。フィンランド・ヘルシンキに本社を構える「WithSecure」のサウナとサイバーセキュリティの取り組みをご紹介します。

 フィンランドのヘルシンキに本社を構えるITセキュリティ企業がWithSecure(旧社名F-Secure)社です。

ヘルシンキにあるWithSecure本社
ヘルシンキにあるWithSecure本社

 そもそも、フィンランドでセキュリティの技術が進んでいる背景には、同国の歴史と地政学的な環境があります。古くはスウェーデンから独立後にロシアに割譲され、また第二次世界大戦ではソ連の侵攻に抗して戦ったことから、「枢軸国」としてみなされ、戦後の欧米から賠償金が課せられたという歴史があります。こうした歴史を経て、教育と産業によって成長してきました。このあたりはわれわれ日本人にとっては、なんとなく親近感を感じるところです。また子供へのプログラミングなどの教育も進んでいます。

 そんな大国との緊張関係の中で、セキュリティの産業が発展してきたようです。もともとNokiaという通信企業があったことも由来です。WithSecureの前身のF-Secureの創業者兼会長は、リスト・シラスマ氏。スマホの普及によって危機に瀕したNokiaの携帯事業をMicrosoftに売却し、Nokiaを復興させたことで有名です。現在のCEOもNokia出身だそうです。

 筆者は今年の6月にこのヘルシンキでのWithSecureのイベントに取材しました。北欧は初めてで、ちょうどNATOへの加盟をめぐり、フィンランドとロシアの緊張関係が高まっていていた時期です。「トナカイやムーミンやサンタは見たいがロシア兵には会いたくないなあ」と思いながら出張してきました。カンファレンスは中身の濃いセキュリティのセッションがぎっしりでしたが、前日には同社の顧客とプレスを招待しての、市内観光とサウナのツアーがありました(仕事です)。

フィンランド・ヘルシンキ中央広場にあるアレクサンドル2世の銅像
フィンランド・ヘルシンキ中央広場にあるアレクサンドル2世の銅像

 そのWithSecureの本社のオフィスにはサウナがあり、社員や訪問客がいつでも自由に利用できます。サウナの中では黙浴なのですが、「ととのった」後の交流が、イノベーションを生み出しているのかもしれません(イミフ)。

WithSecureの最上階にあるサウナ
WithSecureの最上階にあるサウナ。ヘルシンキの街を見下ろしながら「ととのう」ができる

 そのWithSecureの日本法人が、『Cyber SecurityサウナJapan』というポッドキャストの番組を開始しています。

『Cyber SecurityサウナJapan』ロゴ PodCastリンク
『Cyber SecurityサウナJapan』 PodCastページリンク

 『Cyber SecurityサウナJapan』は、社内外のセキュリティエキスパートをホスト/ゲストとして、様々なことが起こっているセキュリティ業界でのホットなトレンドやテクノロジーに関する情報、そしてインサイトをお届けすることが目的。もともとはヘルシンキの本社でスタートした企画で、日本の人にもぜひ情報を提供したいという思いから日本語版をはじめたのだといいます。

 サウナの中で収録しているわけはなく、サウナに入った後でWithSecureのサウナ大好きの河野真一郎さんと技術ツッコミのアンッティ・トゥオミさんが語っています。内容は、サウナの話題に加え、オープンソースセキュリティ、ホワイトハッカーの重要性、ランサムウェアの動向など本格的なセキュリティのトピックなど。すでに3回が公開されていますが、次回はAWSのコンサルタントの方との収録を予定しているそうです。

 WithSecureの広報の秦さんはこの企画についてこう語ります。

 「以前から日本でも、英語ではなく日本語でサイバーセキュリティの情報をわかりやすく、そして楽しくお届けするポッドキャストをやりたかったのですが、日本でもここ数年サウナブームなので、そのまま『Cyber SecurityサウナJapanというタイトルを付けました。

 会議室で収録するだけでは退屈ですし、将来的には本家に超えるものにしたいので、サウナ施設を貸し切りにしたり、当社のロゴを入れたテントサウナをキャンプ場に持って行き、サウナを楽しんでリラックスしてから収録しています。今後は一般向けの公開収録を定期的にサウナ施設やキャンプ場でやりたいですね。パートナー様やお客様、そしてメディアの方々にもサウナファンが多いようですので、一緒に盛り上げて行きましょう。本社を説得してテントサウナまで作ってしまったので、もう後には引けません!」

Cyber SecurityサウナJapanホスト WithSecureサウナ大好きの河野真一郎さんと同社のセキュリティ・コンサルタントのアンッティ・トゥオミさん(ヘルシンキ出身)
Cyber SecurityサウナJapanホスト WithSecureサウナ大好きの河野真一郎さんとセキュリティ・コンサルタントのアンッティ・トゥオミさん(ヘルシンキ出身)

 また、WithSecureでは、サウナ好きのセキュリティ関係者のために、オリジナルのロゴ入りサウナハットも作っています。現在新バージョンの制作が進んでおり、年内には一般向けプレゼントを実施予定で、時期や応募方法はTwitter @WithSecure_JP でお知らせするとのことです。

ロゴ入りサウナハット 入手方法は、Twitter @WithSecure_JP でお知らせ
ロゴ入りサウナハット 入手方法は、Twitter @WithSecure_JP でお知らせ

 この番組を視聴して、「サイバーセキュリティ」と「サウナ」という2つの「サ活」(こじつけ)を実践してみてはいかがでしょうか?

 https://www.withsecure.com/jp-ja/whats-new/podcasts

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine編集者ブログ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

京部康男 (編集部)(キョウベヤスオ)

翔泳社 メディア事業部。同志社大学卒業後、人材採用PR会社に就職後1994年から翔泳社に参加。以後、翔泳社の各種イベントの立ち上げやメディア、書籍、イベントに関わってきた。現在は、嘱託社員の立場でEnterpriseZineをメインに取材・編集・書籍などのコンテンツ制作に携わる。 趣味:アコギ、映画鑑賞。...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/blog/detail/16813 2022/10/22 10:04

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング