Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Microsoft SQL Server 2019は「SQL Server Big Data Cluster」でデータ分析基盤を目指す

edited by DB Online   2018/12/14 06:00

 マイクロソフトが2018年9月に米国で開催した「Microsoft Ignite 2018」にて、リレーショナルデータベースの次期版となる「SQL Server 2019」を発表した。現在はCTP 2.0(評価版)。2018年11月に東京で開催された「Microsoft Tech Summit 2018」では「SQL Server 2019」の詳細が紹介された。データ分析基盤に関する機能強化をピックアップする。

データ仮想化を実現するデータ分析基盤「SQL Server Big Data Cluster」

 「SQL Server 2019はデータを最大限活用するためのデータ分析基盤を提供します」  

 講演冒頭、日本マイクロソフト株式会社 サービス事業本部 シニア プレミア フィールドエンジニア 平山理氏はこのように宣言した。目玉となるのはデータ分析基盤のための機能拡張がある。ほかにも多様なプラットフォームへの対応、運用管理機能やセキュリティの強化も見られる。

日本マイクロソフト株式会社 サービス事業本部
シニア プレミア フィールドエンジニア 平山 理 氏

 キーワードとなるのは「データ仮想化」。データ分析しようとすると、データをほうぼうから収集する必要がある。1ヶ所のデータソースだけでは情報が足りないからだ。複数の業務システムやデータベースからデータを集めるとなると、データの移動や変換の必要性に直面する。収集や変換の負荷が処理のコストを高め、データの新鮮味を下げてしまうこともある。  

 データがあたかもSQL Server内にあるかのように、透過的に扱えると理想的だ。それを表す概念が「データ仮想化」。実際には外部データソースにアクセスするためのコネクターで実現する。SQL Server 2016以降にはPolyBaseという機能があり、SQL ServerインスタンスからHadoop(HDFS)やAzure BLOB Storageにアクセスできていた。イメージとしてはSQL Serverから外部データソースに伸びる「手」だ。  

 SQL Server 2019ではPolyBaseの「手」が増える。これまでのHadoopとAzure BLOB Storageに加えて、Oracle DatabaseやTaradataのRDBMS、MongoDBやCosmosDBのNoSQL、そしてIBM Db2やSAP HANA(ODBC)もPolyBaseを用いて接続できるようになる。  

 またデータ分析基盤の象徴となるのが「SQL Server Big Data Cluster」だ。これは単体の機能ではなく、SQL Server 2019で実現するデータ分析基盤の全体像ととらえていいだろう。

SQL Server Big Data Clusterレイアウト
出所:Microsoft Ignite 2018 「SQL server 2019 big data clusters - deep dive session」より
[画像クリックで拡大表示]

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online&nbs...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5