Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「SAPとは緊密で補完しあうインデペンデントな関係」―サイベース 早川社長に訊いた

edited by DB Online   2011/06/16 07:00

連携の第一弾はSAP ERP on Sybase ASE

独立企業としての経営を続けていく一方で、今後はSAPグループの一員として共に戦略的な製品展開を行っていく機会が増えるのは間違いない。その第一弾が5月に行われたSAPの年次イベント「SAPPHIRE」で発表されたSAP ERPとSybase ASEの連携だろう。

「OracleからのSAPへの移行案件、
マイグレーションは我々の仕事」

SAP ERPのデータベースエンジンをASEに置き換えるというプランで、年内にもグローバルでスタートする予定だという。これにより、SAP ERPとASEは今後、緊密に連動した形で製品開発/リリースが進められていくことになる。

SAP ERPのユーザはこれまでデータベースにOracleを利用することが多かったが、今回のASE採用により、Oracleからの移行案件が数多く発生することが予想される。早川社長は「マイグレーションは我々(Sybase)のプロフェッショナルサービスの仕事にもなる。日本でも同じ。移行をスムーズに運ぶためのツールをきっちりと提供していかないと」と意欲を見せる。

SAPは業務アプリケーション分野でOracleとライバル関係にありながら、フラグシップ製品であるSAP ERPにおいてデータベースではOracleに頼らざるを得ないというジレンマを抱えていた。SAPがSybaseという強力なポートフォリオを得た今、業務アプリケーションとデータベースの双方の勢力図に大きな変化が生じる可能性が高くなってきたといえるだろう。SAPはSAP Business Suiteアプリケーション向けにSybase ASE認定を認定する方針を示しており、今後さらにソリューションの垂直統合化が加速すると思われる。


著者プロフィール

  • 五味明子(ゴミ アキコ)

    IT系出版社で編集者としてキャリアを積んだのち、2011年からフリーランスライターとして活動中。フィールドワークはオープンソース、クラウドコンピューティング、データアナリティクスなどエンタープライズITが中心で海外カンファレンスの取材が多い。 Twitter(@g3akk)やFacebook(...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5