EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

監査対応業務を省力化するログ管理のポイント

  2009/09/17 07:00

昨年からスタートしたJ-SOXの監査、来年実施が予定されているPCIDSSなど企業を取り巻く法規制、各種業界で求められる各種規制に対して本格的な監査が始まっている。また監査実施に伴い、監査対応業務も事前の準備から始めると膨大な時間・人的資源が割かれているのが現状ではないだろうか。特に複雑なIT統制の監査対応では、ログ管理ソリューションがこれらの業務を効率化する事例が多く報告されている。LogLogic Japanの池田克彦氏によるセッションは、監査対応業務の省力化の事例を最新のソリューションの解説とともに紹介するものとなった。
 

監査対応業務の課題

 LogLogic Japanの池田克彦氏はセッションの冒頭、2008年にNHKが制作し、放映したテレビドラマ「監査法人」の感想を述べた。ドラマでは、企業に甘い従来型と、厳格な監査を行うことが正義と信じる新しいタイプの公認会計士の葛藤が描かれていた。実際、SOX法のなどをきっかけに厳しい監査を求める風潮が強まり、監査法人とクライアントの関係も変化しているようだ。

LogLogic Japan 株式会社 カントリーマネージャ池田 克彦 氏

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:IT Compliance Summit 2009 Summerセミナーレポート

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5