Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「HANA導入支援サービス、はじめました」/真のリアルタイムを追求する!SAPジャパンの3つのサポート

  2011/07/05 17:00

SAPジャパンは7月5日、インメモリソフトウェア「HANA」の導入支援サービスの提供を開始しした。提供されるのは、導入前にその効果の検証を行う「データウェアハウス高速化アセスメント」「Proof of Concept実機検証サービス」と、分析テンプレートを用いて効率的かつ確実な導入を実現する「分析テンプレートを用いた導入コンサルティング」の計3つのサービスだ。

「真のリアルタイムDWHを実現しているのはHANAだけ」

SAPジャパン リアルタイムコンピューティング推進本部長 馬場渉氏は「インメモリを謳うDWHは数多くあるが、真のリアルタイムDWHを実現しているインメモリソリューションはHANAだけ。しかもTCOは1/10以下」とHANAの競合優位性を強調、既存のSAP ERPやSAP BWの顧客に加え、新規顧客へのHANA導入を同サービスでもって積極的に図っていく姿勢を見せている。

「インメモリの良さを体感してもらいたい」吉田氏

インメモリデータベースであるHANAは既存のハードディスクをベースにしたデータベースとは大きくアーキテクチャが異なる。そのため、高速性やTCO削減といったインメモリのメリットは理解できるものの、ディスクベースのソリューションと比較して「技術者がいない」「実績が少ない」「企画立案がむずかしい」といった理由から、導入に躊躇する顧客も少なくなかった。

SAPジャパン フィールドサービス フィールドサービス営業本部 ゲームチェンジャー・サービス営業部 部長 吉田祐馬氏は「既存のRDBMSでは限界を感じながらも、インメモリに対する不安はいまだに大きい。"インメモリなら電源を切ったらデータが消えてしまうのではないか"といった誤解を抱いているお客様も少なからずいる。我々が今回提供するサービスはそういったお客様の不安を解消し、インメモリの良さを体感していただくためのもの」と新サービスの主旨を説明する。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 五味明子(ゴミ アキコ)

    IT系出版社で編集者としてキャリアを積んだのち、2011年からフリーランスライターとして活動中。フィールドワークはオープンソース、クラウドコンピューティング、データアナリティクスなどエンタープライズITが中心で海外カンファレンスの取材が多い。 Twitter(@g3akk)やFacebook(...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5