Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NoSQLもRDBMSも適材適所で組み合わせて活用/マイニングブラウニー×AWSの場合

  2011/08/08 07:00

株式会社マイニングブラウニーでは、インターネット上からデータを集め、それを活用するマーケティングサービスを提供している。このサービスの実現のために活躍しているのが、クローラと呼ばれる技術だ。クローラとはGoogleなどの検索エンジンが利用しているものが有名で、いわゆる検索ロボットの技術だ。簡単に言えばインターネットを巡回し、コンテンツの情報を自動的にデータベース化するものだ。

高度なクローラ技術で独自のサービスを展開

マイニングブラウニー 代表取締役社長 得上竜一氏
マイニングブラウニー 代表取締役社長
得上竜一氏

 「Googleのクローラは、インターネットを図書館にたとえると、本がどこにあるのか探す端末のようなもの。インターネット上のさまざまなコンテンツ=本で、ブラウザ=本を探すための端末といったイメージです。これに対し、我々が使っているクローラは、秘書や助手にこういうことを調べて欲しいと頼むと、インターネットから情報を収集し、レポートしてくれるというイメージです」

 マイニングブラウニー 代表取締役社長の得上竜一氏は、同社のクローラ技術は、たんに検索を効率化するためのものではなく、より高度なインターネット上の情報活用を可能にするものだと言う。

 同社のクローラ技術のもとになっているのは、かつて得上氏が構築した家電量販店の価格調査を行うシステムだ。インターネットから、それぞれの店舗で取り扱っている製品の価格を収集し、調べ、製品の仕入れ値をはじき出したり、いま販売すべき最適な価格を計算したりするシステムで、店舗間の価格競争に勝利するためのマーケティングツールだった。

 当時の仕組みは、競争に勝つためのツールとしては効果的だった。しかし、得上氏は「あのツールにはまだまだ課題があった」と振り返る。効果的である半面、ライバルを徹底的に追い詰めるケースがあったからだ。

 「これでは市場のバランスを崩してしまう」―そう考えた得上氏は、企業のサービスの強みを発揮し、健全にビジネスを拡大するためのクローラ技術を作ろうと決意。こうして生まれたのが、マイニングブラウニーのサービスだ。

 現在、同社のサービスは、製品の適正な買い取り価格を調査したり、ECサイトでの適正な販売価格を予測したりするマーケティングツールとして、すでに多くの実績があるという。

 「最近では求人サイトの情報を分析し、企業が求人にどれくらい投資しているかを把握するといった、新たな使い方も出てきています」(得上氏)

 サービスの適用範囲は広がりを見せており、さまざまな営業、マーケティング活動をサポートするツールとして評価されているとのことだ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジ...

バックナンバー

連載:DB Online Monthly Special

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5