EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ガートナー、新型コロナの影響下にて財務面で生き残るためにCIOが取るべき8つのアクションを発表

  2020/05/12 07:00

 米Gartnerは、4月29日(現地時間)、財務面でCIOが取るべき8つのアクションを発表した。新型コロナウイルス感染症が及ぼす財務的な影響の多くを、IT部門が実感することになるだろうとの見解を示している。

 同社は、感染症のパンデミックの中で、IT部門のキャッシュフローを保護または隔離するために、CIOが取るべきアクションとして、以下の8つを挙げている。

  1. 重要度の低い支出を保留する
  2. 支出増加を見越す
  3. 現時点の支出の割合を減らす
  4. 既存の全投資を評価する
  5. 新規支出をすべて延期する
  6. 既存の全支出を再評価する
  7. 利用量削減に向けて交渉する
  8. 代替の財務アプローチを探る

 1つ目のアクションでは、ITの現時点での支出について、どの領域を延期、排除、変更できるかをただちに規定すべき、と訴えた。

 2つ目のアクションでは、働き方をリモートワーク型へ切り替えたことにともなうコスト増について、ビジネス部門のリーダーやCFOとの確認が必要としている。ITのコストベースとコストカテゴリを慎重に点検して、どのコストが増え、どのコストが削減可能かを想定するとともに、取るべきアクションの検討を求めている。

 3つ目のアクションでは、IT部門が捻出できる支出レベルの設定にあたって、支出とアクションを「可能/必須」「可能性あり/必要」「不可能/禁止」に分類すべき、と述べた。

 4つ目のアクションでは、仕掛中の全プロジェクトのレビューを行い、「最重要ではないプロジェクト」と「最重要プロジェクト」に分類する。そして「最重要ではないプロジェクト」については即座に中断するとともに、「最重要プロジェクト」については、削減可能な要素を判断するためにレビューを行うことを求めている。

 5つ目のアクションでは、まだ支払いが始まっていないプロジェクト/人員/資産/アップグレードはすべて延期またはキャンセルする。当該支出に関連して留保していたあらゆるサードパーティリソース/サービス/インフラストラクチャ費用も解除すべきと主張した。

 6つ目のアクションでは、CIOが裁量権を持つプロジェクトポートフォリオをはじめ、現在提供中のサービスポートフォリオについても、サービスレベルを下げる機会に取り組むことを求めている。

 7つ目のアクションでは、CIOがビジネス部門のリーダーと連携して、業務に対して行う主要な変更を決めるべき、と主張する。

 8つ目のアクションでは、CIOがCFOと連携して、国や地方自治体レベルで利用可能な、政府または業界による補助金を調査することを求めている。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5