EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SAP、OBCなど5社、「社会的システム・デジタル化研究会」を発足

  2020/06/29 06:00

 SAPジャパン、オービックビジネスコンサルタント、ピー・シー・エー、ミロク情報サービス、弥生の5社は、「社会的システム・デジタル化研究会」(Born Digital研究会)を発足し、「社会的システムのデジタル化による再構築に向けた提言」を6月25日に発表した。

 「社会的システム・デジタル化研究会」は、社会的システムのデジタル化(Digitalization)を通じて、社会全体の効率の抜本的向上を目指すために発足した。オブザーバーとして業界団体や行政機関の参加も得つつ、計5回の研究会を開催。「短期的には、標準化された電子インボイスの仕組みの確立に取り組むべき」「中長期的には、確定申告制度、年末調整制度、社会保険の各種制度等についても、業務プロセスを根底から見直すデジタル化を進めるべき」との提言をまとめている。

 同研究会は、この提言を中間成果物として位置づけ、今後は参加メンバーを拡充し議論を継続する。同時に、下部組織として「電子インボイス推進協議会」を7月に立ち上げ、2020年内を目途に電子インボイスの標準規格を策定する。その後、2021年には具体的なシステムの開発に着手できる状態を目指す。

 おもな提言内容は以下の通り。

  • 情報通信技術が急速に発展している一方で、日本における現状の社会的システムの多くは、戦後に紙での処理を前提として構築されたものの一部の電子化(Digitization)に留まっている。改めて、デジタルを前提として業務プロセスの根底から見直すデジタル化(Digitalization)を進めることによって、社会全体としての効率を抜本的に向上させ、社会的コストの最小化を図るべきである。

  • 社会的システムのデジタル化による再構築に際して、
      1. 発生源でのデジタル化
      2. 原始データのリアルタイムでの収集
      3. 一貫したデジタルデータとしての取り扱い
      4. 必要に応じた処理の主体の見直し
    の4つのポイントを踏まえるべきである。

  • 短期的には、2023年10月のインボイス義務化に向け、標準化された電子インボイスの仕組みの確立に取り組むべきである。商取引の主体は民間であることから、まずは何よりも民間がメリットを確実に享受できるものとして、民間が主導して標準化、および仕組み構築を進めるべきである。同時に、インセンティブ設計も含め、行政による一定の関与と強力な後押しは不可欠である。

  • 中長期的には、確定申告制度、年末調整制度、社会保険の各種制度等についても、業務プロセスを根底から見直すデジタル化を進めるべきである。おもに行政の仕組みであることから、行政が主導すべきであるが、民間も、行政手続きへの対応を要求される立場として、全体最適が実現されるよう、積極的に提言を行い、仕組み構築に際し、その設計から関与するべきである。行政/民間双方での対応が必要とされることから、現実的かつ明確なロードマップを作成し、計画的に、かつ段階的に進めるべきである。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5