SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アクセンチュア、クラウドによる変革を支援する新組織を設立 今後3年間で30億米ドルを投資予定

 アクセンチュアは米現地時間9月17日、クラウドによるデジタル変革を支援する新組織「アクセンチュア クラウド ファースト」を設立したことを発表した。同社北米地域のテクノロジー部門を統括するカーティク・ナライン(Karthik Narain)氏が、10月1日付で同組織の責任者に就任し、グローバル経営委員会にも参画する。

 アクセンチュア クラウド ファーストは、アクセンチュアの業界知識や技術力、パートナーとのエコシステムを通じて、顧客がクラウド移行を実現し、すべての利害関係者にクラウドの価値をもたらすことに特化した組織として、7万人のクラウド専門家が所属している。

 具体的には、クラウド移行やインフラストラクチャ、アプリケーションに関するサービスの提供、エコシステムパートナーとの連携を行うほか、業界を横断した知見、AIグループが有する人工知能(AI)やアナリティクスに関する知見、さらにはアクセンチュア インタラクティブが有するエクスペリエンス領域の知見なども組み合わせ、広範なサービスを提供するとしている。

 また、30億米ドルの投資を通じ、クラウドおよびその他のテクノロジー・エコシステムパートナーとともに、業界ロードマップ、データモデル、ソリューション、クラウドAIデータおよびAIアーキテクチャの構築や、様々な技術を統合したインフラストラクチャおよびアプリケーション機能の強化に取り組みむとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13648 2020/11/26 18:20

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング