EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

DataRobot、Snowflakeとの連携強化でAI活用を促進

  2021/03/05 11:44

 DataRobotは、Snowflakeとのさらなる連携を発表。新たな自動特徴量探索のプッシュダウン連携は、モデル構築の速度と正確性を向上させ、新しいユースケースを利用可能にするという。これにより双方の顧客のTime to Valueを短縮するとしている。

 今回の連携によってSnowflakeユーザーは、データ・プレパレーションをSnowflake内で行うことでデータの移動が最小限に抑えられ、速度の向上とオペレーティングコストの削減が実現できるという。そのため、ユーザーはデータをSnowflakeから取り出し、Snowflakeのデータクラウドを活用して、機械学習モデルを生成できるとしている。

 また、自動特徴量探索では、データサイエンスのベストプラクティスを活用し、データセットから派生した特徴量の統合・集約・生成が自動的に行われる。これによりユーザーは、機械学習のモデルを従来よりも短期間で構築することができ、AIによるイノベーションを促進することが可能だという。

 DataRobotのプロダクト担当上級副社長であるNenshad Bardoliwalla氏は、「弊社のゴールは、お客様のために、データから得られるインテリジェンスから最大限の価値を生み出すことです。これは、Snowflakeも同様に目標としているビジョンです。自動特徴量探索プロセスの自動化の力をSnowflake環境に直接導入することで、Snowflakeとのパートナーシップを拡大できることを非常に嬉しく思っています」と述べている。

【関連記事】
SnowflakeやHPE、SalesforceがDataRobotへ戦略的投資を実施
DataRobot、ソフトバンク子会社のAgoopとデータパートナー契約を締結
アシスト、エンタープライズ向けAIプラットフォーム「DataRobot」の提供を開始

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5