SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

DataRobot、Snowflakeとの連携強化でAI活用を促進

 DataRobotは、Snowflakeとのさらなる連携を発表。新たな自動特徴量探索のプッシュダウン連携は、モデル構築の速度と正確性を向上させ、新しいユースケースを利用可能にするという。これにより双方の顧客のTime to Valueを短縮するとしている。

 今回の連携によってSnowflakeユーザーは、データ・プレパレーションをSnowflake内で行うことでデータの移動が最小限に抑えられ、速度の向上とオペレーティングコストの削減が実現できるという。そのため、ユーザーはデータをSnowflakeから取り出し、Snowflakeのデータクラウドを活用して、機械学習モデルを生成できるとしている。

 また、自動特徴量探索では、データサイエンスのベストプラクティスを活用し、データセットから派生した特徴量の統合・集約・生成が自動的に行われる。これによりユーザーは、機械学習のモデルを従来よりも短期間で構築することができ、AIによるイノベーションを促進することが可能だという。

 DataRobotのプロダクト担当上級副社長であるNenshad Bardoliwalla氏は、「弊社のゴールは、お客様のために、データから得られるインテリジェンスから最大限の価値を生み出すことです。これは、Snowflakeも同様に目標としているビジョンです。自動特徴量探索プロセスの自動化の力をSnowflake環境に直接導入することで、Snowflakeとのパートナーシップを拡大できることを非常に嬉しく思っています」と述べている。

【関連記事】
SnowflakeやHPE、SalesforceがDataRobotへ戦略的投資を実施
DataRobot、ソフトバンク子会社のAgoopとデータパートナー契約を締結
アシスト、エンタープライズ向けAIプラットフォーム「DataRobot」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14053 2021/03/05 11:44

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング