SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

旭化成が基幹システムを「SAP S/4HANA」に全面刷新 アドオンを半数以下に削減

 TISは、旭化成が、基幹システムを「SAP S/4HANA」に全面刷新したと発表した。なお、TISは移行を支援したという。

 旭化成グループは2003年に、旭化成と7つの事業会社を中核とする事業持株会社制の会計業務や工場の生産実績管理、原価計算等を担う基幹システムとして「SAP ERP」を導入。同システムの保守期間が2025年に終了することから、2018年頃から次期ERPの計画を開始したという。移行先はSAP S/4HANAとし、長年の運用で積み上がった膨大なアドオンや周辺システムを削減し、全面的につくり直す「リビルド手法(グリーンフィールド)」での導入を選択した。

 2019年半ばには、ERPを全面刷新する大規模プロジェクトを発足。SAPが提供するPaaS「SAP HANA Enterprise Cloud(HEC)」に移行し、新技術を取り入れやすい構造へ一新したという。

 設計・開発フェーズでは、アドオンや周辺システムの削減が大きな課題だった。アドオンを残す/削減するかの判断は、まず旭化成グループ内で審議し、業務影響が出ないかをTISが検証。その結果、既存の約2,400本のアドオンのうち1,300本を削減したという。さらに、BIツールで作成したレポートも約1,400種類に膨れ上がっていたが、約300種類まで減らした。

 2023年1月に「SAP S/4HANA」の予算系の機能を利用開始し、4月から実績系が本番稼働している。また、旭化成グループは、CO2排出量管理のため、製品ごとにカーボンフットプリントを算出し取引先や消費者に開示する取り組みに注力している。新システムでは、原材料とその使用量、できあがった製品数をデータとして入手できるという。

【関連記事】
IBMとSAP、生成AIを活用したソリューション開発で協業 消費財・小売業界向け
SAPジャパン、能登半島地震の避難所データ集約・可視化アプリケーションを開発
モノタロウ、「SAP S/4HANA」導入で会計処理を効率化 JBS、SAPとシステム刷新

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19191 2024/02/08 17:40

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング