SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Online Day 2018 Report(PR)

しばちょう先生に公開質問!Oracle Database 18cやAutonomous Databaseの真相に迫る

Oracle Database 18cに移行するには?どんな新機能があるか?

cap
「マルチテナントはまだあまりフォーカスされいない?」(谷川)

谷川:Oracle Database 12cからクラウドを意識しています。18cのクラウド向け改善機能にはどんなものがありますか?

柴田:18cではマルチテナント、インメモリ、シャーディング関係に注力しています。クラウド化が進んだことが背景にあります。クラウドだとデータベースをたくさん作れるようになりますよね。すると「あっちに移したい」などポータビリティが必要になり、複数のデータベースを効率よく管理する機能も必要になります。

谷川:マルチテナントはまだあまりフォーカスされていませんね。12cから熟成されてきたのでしょうか。まだ「マルチテナント使っている」という声はあまり聞いたことがないのですが(笑)。

柴田:出てきていますよ。感触あります。マルチテナントデータベースを使うと、管理作業が共通化できるのでデータベース管理者1人で管理できるデータベースが桁違いに増えます。作業が早く終わり、早く帰れるようになります。

谷川:18cへ移行できるバージョンに制限はありますか。

柴田:11.2以降または12であれば移行できます。スムーズに移行できるようにと考えています。

谷川:先ほどリリースサイクルを上げて年ごとにバージョンアップすると聞きました。開発体制も変わったのでしょうか。

柴田:米国の開発責任者から、日本の要件や課題をしつこく聞かれました。以前よりもお客さまの要望やフィードバックが製品開発に反映されるようになっています。

谷川:より謙虚なオラクルになったのですね。RAC(Oracle Real Application Clusters)はどうですか。

柴田:機能改善がすごいですよ。RACだと興奮して話が長くなってしまうのですが。今後は勉強会やテクノロジーナイトなどで新機能を解説していこうと思います。

谷川:今日はどうもありがとうございました。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Online Day 2018 Report連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:https://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/10454 2018/03/27 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング