EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

開発はシステムを構築して終わりではない!運用の現状分析、設計力を養成する≪情報システムの基礎知識≫

edited by Operation Online   2018/10/24 06:00

 システム開発では、IT技術を活用して顧客の要求を満たすサービス(仕組み)を作成します。開発において、ITベンダーはコンピュータシステムというモノを作成することに注力しがちです。しかし、開発はコンピュータシステムを構築して終わりではありません。その後の運用において、適切にサービスを提供できるかを考える必要があります。顧客の要求を満たすサービスを提供するためには、運用ニーズを取り込んだ設計、開発、テスト工程を進めていくことが重要です。適切なコンピュータシステムを構築することにより、サービスの安定提供が可能となり、利用者の利便性、満足度を向上させることができます。今回はシステム運用と設計の関係にスポットをあて、運用設計のポイントをお伝えしていきます。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 中山 典子(ナカヤマ ノリコ)

    株式会社富士通ラーニングメディア ナレッジサービス事業本部 第二ラーニングサービス部 Java、C言語の研修を主に担当。これまでさまざまなシステムの開発に携わり、保守、運用業務なども経験してきた。現在は講師として、開発経験を活かしている。趣味は城巡り。今まで170城ほどの城跡を訪れている。

  • 浦山 裕恭(ウラヤマ ユウスケ)

    株式会社富士通ラーニングメディア ナレッジサービス事業本部 第二ラーニングサービス部 現在は、データモデリング、Oracle Database、PostgreSQL、Symfowareなどデータベース・カテゴリの研修を担当。前職では、会計業務パッケージの導入支援、および営業支援を担当。Oracle Excellent Instructor 2013,2015,2018受賞。趣味は飛行機を見ること。エンジンの音で飛行機を識別できる。

バックナンバー

連載:読めばわかる!情シス入門

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5