SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Dell Technologiesセミナーレポート(PR)

デジタルトランスフォーメーションに向けて マルチクラウドでも一貫性あるIT運用を実現するには

 企業が次々にデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現している。DXでアプリケーションをアジャイルに開発し、展開できるようにするにはどのような準備が必要か。デル テクノロジーズでアジア太平洋地域のプリセールスおよびバイス・プレジデントを務めるMatthew Zwolenski氏がデジタル時代におけるクラウドトランスフォーメーションについて解説する。

1つのクラウドではなくマルチクラウドに移行したほうがコスト削減できた?

 日々アジア太平洋地域の各地を奔走しているZwolenski氏は「訪問するたびに、新しいDX事例を目にします」とうれしそうに話す。ある銀行ではモバイルアプリでほとんどのサービスが利用できるようにするデジタル化を成し遂げ、シンガポールやインドでは政府や行政がプラットフォームのデジタル化を進めているという。

デル テクノロジーズ アジア太平洋地域 プリセールス バイス・プレジデント Matthew Zwolenski
デル テクノロジーズ アジア太平洋地域 プリセールス バイス・プレジデント Matthew Zwolenski氏

 昨今では経営視点でも「DX」や「トランスフォーメーション」がキーワードとして登場するようになってきた。あらゆる企業が自社サービスを中断することなく、次世代への転換を実現したいと望んでいる。しかし壁が立ちはだかる。

 Zwolenski氏は「ビジネスから様々な新しい発想が生まれていますが、その一方で、実はITがビジネスニーズに追いついていません」と指摘する。Zwolenskiによると次世代型のデジタル化を完遂した「デジタルリーダー」と呼ばれる企業は全体の6%のみ。残り94%はITのトランスフォーメーションが途上にあるという。

 転換を遂げた企業の一例としてZwolenski氏はオーストリア・コモンウェルス銀行を挙げた。ここではデルテクノロジーズの技術を駆使してマルチクラウド化とデータセンター運用で完全な自動化を実現した。

 他の伝統的な銀行と同じく、これまでは全く新しい発想と技術で金融業に参入するスタートアップ企業を脅威としてとらえていた。しかしIT基盤をトランスフォーメーションすることで、新しい勢力に対抗できる企業へと変貌を遂げた。

 あらためてDXとは何かを考えてみよう。一般的にDXというと、AIやデータ分析を導入した事例を思い浮かべることが多い。しかしZwolenski氏は「我々の考えるDXとはケイパビリティ(能力)そのもの。競争優位のためにデータを活用し、新しいソフトウェアを開発する能力を持つこと」と断言する。

 競争優位を獲得するためにIT基盤をトランスフォーメーションするとなると、まず思い浮かぶのがクラウドへの移行だ。ここでZwolenski氏は興味深い調査結果を示した。

 ある企業ではレガシー環境と仮想化環境でシステムを運用していた。それをあるパブリッククラウドへ完全に移行した場合、アプリのリファクタリングとクラウド運用で運用コストが現状の2倍になるという見積もりが出た。

 ところがマルチクラウド、つまりパブリッククラウドとプライベートクラウドで複数のクラウドのIaaSやPaaSを併用すると、現状よりも運用は40%コストダウンを図れるという予測結果が出たという。もちろん全てのケースにおいて同じ結果が出るとは限らない。

 環境や要件次第ではあるものの、クラウドへの移行といってもパブリッククラウド一択ではないということ、またマルチクラウドでいい結果をもたらす可能性もあるということだ。なかでもアプリをクラウドに合わせてリファクタリングするところで、大きなコスト増加をもたらす可能性があるところは見落としがちなので留意しておきたい。

次のページ
アプリケーション、インフラ、ビジネス、全てのチームに恩恵をもたらすインフラとは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Dell Technologiesセミナーレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/12386 2019/09/17 11:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング