SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Initiativeスペシャル

ビジネスロジックからもテクノロジーからも柔軟に対応できるオラクルのSOA(後編)

後編

SOAを積極的に活用してシステムに俊敏性を獲得させ、厳しい競争に勝ち抜く企業が出てきている。一方で、どこから手をつけていいのかわからない、性能に懸念があるなどの理由からなかなかSOAを本格的に採用できない企業もある。最新のOracle Fusion Middleware 11gを活用すれば、いまだSOAに懸念を持つ企業の敷居を大きく下げることが可能だ。

 「ビジネスロジックからもテクノロジーからも柔軟に対応できるオラクルのSOA(前編)」はこちら

活用されるSOAではユーザーインターフェイス部分も重要な要素となる

 一般に、SOAではビジネスロジックの変更をどのようにシステムに反映させるかに注力されがちだ。それももちろん大事だが、ユーザーインターフェイスの部分も大事だとオラクルでは考えている。常にエンドユーザーが接しているのは、SOAの裏の仕組みではなくユーザーインターフェイスの画面だ。コンフィギュレーションレベルの調整でビジネスの変化に対応し修正を行った際には、応じて画面も適切に変化する必要がある。

 Oracle Fusion Middlewareには、ユーザーインターフェイス部分についても最新のWeb2.0的な機能を活用し、多彩に表現する仕組みであるOracle WebCenterが含まれている。Oracle WebCenter は、SOA の機能と融合して利用できるので、システムの変化をすぐに画面に反映させることも容易だ。

 このようにOracle FusionMiddlewareを使って、様々なアプローチでSOAの仕組みを構築できる。どのようなアプローチをとるにしても、実際にSOAのプロジェクトを進めていく際にはシステム資産の管理が重要になる。

 どのサービスが再利用でき、どのサービスが再利用できないのか。ある部分を修正した際には、いったいどこに影響が現れるのか。そういったことを適切に管理するには、システム資産管理のためのリポジトリを設定し、適切に管理する必要がある。サービスの数が少なければ、リポジトリは必要ないかもしれない。しかしながら、多くのサービスがありその再利用性を上げようとすれば、リポジトリなどのシステム資産管理の仕組みは必ずいる。

 このシステム資産管理の仕組みは、SOAの仕組みを構築するためだけでなく、むしろ継続して利用していく際に価値があるものだ。サービスを利用するためのルールや、関連するドキュメントなども一緒にリポジトリで管理できれば、SOAのガバナンスの確立もできる。

次のページ
システム基盤技術の強化により「SOAは遅い」という懸念を払拭する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IT Initiativeスペシャル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

首藤 聡一郎(シュトウ ソウイチロウ)

日本オラクル株式会社 
Fusion Middleware事業統括本部 
Fusion Middlewareビジネス推進本部 
シニアマネージャー

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1809 2009/09/14 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング