SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

BPM Solution Forumレポート(AD)

最新BPM環境~エンドユーザー視点でのWeb2.0とCloud対応

BPM Solution Forumレポート

BPM成功を支援する無償SaaS-BPM BlueWorks

 BPMの分析・設計がエンドユーザー視点で気軽に始められるのは大きな利点である。だが、その先にも新たな課題が企業を待ち受けている。それは“BPMをどこから着手するか”という悩みだ。

 「BPMを成功させるには、効果の高いプロセスから始めることが大切だ」と中島氏は語る。具体的には、“企業または部門戦略にマッチした業務エリアで”“戦略にひもづいた目標が設定されており”、“その目標を実現するためのアクションにひもづいた”プロセスが最適だという。

 とはいえ、そのようなプロセスを見出すことは簡単ではない。そこで、その後押しをするのがIBMがソーシャル・クラウド、つまりSaaSとして無償提供を開始したBPM BlueWorksである。

 同サービスは、「BPMを学ぶ」「BPMを経験する」「協業する」「プロセスを最適化する」という4つのコンセプトをもとに構築されたもの。具体的には、ビジネスの戦略、目的とそのためのアクションを導きだすための「戦略マップ」、その「戦略マップ」から導きだしたアクションを実行するために必要な能力を探る「ケイパビリティ・マップ」、そのアクションをどのように実行するかを考える「プロセス・マップ」の策定機能のほか、作成したコンテンツを組織の内外で共有するためのコミュニティ機能などを有している。

 ここでも中島氏はデモを実施。BPM BlueWorkをサポートするブラウザFireFoxを立ち上げ、すでに用意されているテンプレートをベースに、プレゼンテーションファイルを作成する要領でそれぞれのマップを描きあげた。

 BPM BlueWorksは、すでにhttps://apps.lotuslive.com/bpmblueworks/からアクセスでき、いつからでも利用を開始できるという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
BPM Solution Forumレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉田 育代(ヨシダ イクヨ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1890 2010/05/11 11:56

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング