SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Pulse Japan 2009 Autumn セッションレポート(AD)

クラウド・コンピューティング時代のサービスマネジメント~「Pulse Japan 2009 Autumn」基調講演

「Pulse Japan 2009 Autumn」セッションレポート

サービスマネジメントをテーマとしたIBMのイベント「Pulse Japan 2009 Autumn」が11月5日に開催された。日本アイ・ビー・エムの専務執行役員 三浦浩氏の挨拶から始まった基調講演では、ソフトウェア事業 Tivoli事業部長 日野義久氏による『クラウド・コンピューティング時代のサービスマネジメント』と題した講演が行われた。

クラウドコンピューティングでよりスマートな企業戦略を

 開催の挨拶のため登壇した三浦氏は、クラウドコンピューティングの現状を概観。インターネット規模のパブリック・クラウドと、会社や組織で行うプライベート・クラウドの違いについて利用形態の違いなどを含めて解説した。

日本アイ・ビー・エム 専務執行役員 三浦 浩氏
日本アイ・ビー・エム 専務執行役員 三浦 浩氏

 同氏によればクラウドに求められる要件は、「自動化」「標準化」「リソースの共有化・仮想化」。共有化・仮想化されたリソースが標準化されたテンプレートで自動的に提供されることがクラウドであり、これらの要素が満たされることにより、利便性が向上し、コスト削減に繋がるという。

 サービスマネジメントの観点からも自動化、標準化は語られている。三浦氏は、企業戦略にあわせてすばやくサービスを提供することが成功に結びつくと述べ、サービスマネジメントをベースにした同社のクラウドコンピューティングを紹介。日野氏の基調講演に繋げた。

パブリック・クラウドの使用に抵抗感を持つ企業は多い

 続いて登壇した日野氏は、IBMが全世界の企業の経営者やCIOを対象にした、企業強化のためのインフラの革新の取り組みとその内容に関するアンケート結果を示した。

日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業 Tivoli事業部長 日野義久氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業 Tivoli事業部長 日野義久氏

 この調査によれば、仮想化やサービスマネジメント、クラウドなどの取り組みが上位を占める世界平均に対して、日本ではセルフサービスポータルやサービスマネジメントを取り込んでいくクラウドコンピューティングに多くの取り組みがされているという。また、IBM主催のセミナーに来場した管理職以上を対象としたアンケート結果では、25%がクラウドを検討している、もしくは既に取り組んでいることがわかった。

 これらの結果について日野氏は、「日本企業においては重要な情報や顧客情報、財務情報を社外で処理することに抵抗がある。その一方で、効率化を求められているため、プライベート・クラウドのニーズが高まっている」と結論付けた。

企業のさまざまな要求に応える、IBMのクラウドソリューション

 IBMがここ最近取り組んできたクラウドの事例には、入試の際にピークを迎える事務処理を改良させるためにクラウドを活用する工学院大学、約144億ページビューのWebサイトの分析を行う早稲田大学などがある。豊田通商は、IBMの協力のもと、産業廃棄物を最終処分するまでの処理状況を一貫管理するASP型クラウドシステムを構築した。金融業界では、IBMの「デスクトップ・クラウド・サービス」を三菱東京UFJ銀行がいち早く採用している。

 また、IBMではクラウドソリューションの提供も始めている。例えば、Webベースのスケジュール管理に加え、コラボレーションやWeb会議、SNS機能を提供する『LotusLive』。また、サーバーを時間単位で貸し出す『IBMコンピューティングデマンド』もある。同サービスを使ってデジタル画像処理を行っているライズ社は、短時間での業務処理を低コストで実現している。このほか、データのバックアップと復旧を効率化させるストレージクラウド『IBMリモート・データ保護』も紹介された。

 『IBM CloudBurst バージョン1.2』の紹介も行なわれた。クラウド環境の構築には、さまざまな製品の選定やセットアップなど多大な労力と時間がかかる。これらの問題を解消すべくハードウェアからソフトウェアまで全てをパッケージした「IBM CloudBurst」は、購入してすぐにクラウドが利用できる。講演中は、特別会場から実況中継で三浦氏によるCloudBurst除幕の様子も上映された。

クラウドコンピューティングでコスト削減とリスク管理、サービス品質の向上を実現

 続いて、日野氏はサービスマネジメントとクラウドの関係性に言及する。「新規サーバー投資額は2012年までの16年間ほぼ変わらない一方で、サーバーの運用管理コストは約8倍に増えています。その原因のひとつは導入済みのサーバー台数の増加でしょう。それにも関わらず、サーバー資源の実際の利用率については、ここ20年間、15%~20%で推移しており、ほとんど改善されていません」(日野氏)

 90年代前半メインフレームが終焉を迎えた時代から、コスト削減・効率化を目指したダウンサイジングや、オープン系のサーバーの導入が増えはじめた。結果、必要なもの単位でITC資源を調達することになり、極端な例では部門ごとにハードやOS、ミドルウェア、アプリケーションも別々に管理するようになった。サーバー資源を効率よく使いたい場合、共有が重要だが、ハードウェアのメーカーやOS、ミドルウェア、ソフトウェアが異なると統合は難しくなるのが実情だ。

 「仮想化や標準化を進めた上で、クラウドコンピューティングによる自動化を行うことで、サービスの品質向上、そしてコスト削減も可能になります」。現状打破の鍵は、サービスマネジメントを使ったクラウドにあると日野氏は語る。

 IBMの社内調査によれば、仮想化、標準化、自動化によって、サーバーのストレージ使用率は従来の約4倍に高めることが可能だ。ユーザー自身がシステムに要求を行い、要求したものを取得するセルフサービスもクラウドの環境の中では十分にできる。必要な環境の設定も、従来数日かかっていたものが数分でできるようになるなど資源の利用効率を数倍に向上させられる。

 開発途中の技術を社員が評価する同社のプログラム「テクノロジー・アダプション」では、従来の数千台規模のサーバー環境を実際にクラウド化することによって、ハードウェア、人件費、設備費において84%もの削減効果を生んだ。

 クラウドコンピューティングでは、コストだけでなく当然リスクも管理しなければならない。コンプライアンスの観点からパブリック・クラウドを使ってはいけないようなものもある。プライベート・クラウドは、運営の主体、運用の主体が各企業となるため、リスクはパブリックに比べると小さいが、複数の事業、複数の部門が共通の資源を使い効率化を高めるという観点ではリスク管理をより強化する必要がある。

 「コスト削減、リスク管理、ユーザーのサービス品質の向上。IBMの目標を実現するものがクラウドコンピューティングです。本日のイベントでは、サービスマネジメントとクラウドというテーマを中心に多くのセッションを用意しています。サービスマネジメントにとってのクラウドの重要さをご理解頂ければ幸いです」と語り講演を終えた。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2002 2010/05/11 11:52

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング