SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Events & Seminars

【速報 Dreamforce 2009】「オラクルが提供しようとしているものはもはやクレイジーとしか思えない」とベニオフ節炸裂!


Dreamforce 2009の2日目のキーノートに再び登壇したCEOのマーク・ベニオフ氏は、各社に浸透するクラウドサービスの現状を紹介した。

大手ベンダーにForce.comネイティブアプリを作って欲しかった

 「ずっと世界のトップ10に入るようなソフトウェアカンパニーと仕事をしたいと考えていた」。Dreamforce 2009の2日目のキーノートに再び登壇したCEOのマーク・ベニオフ氏は、クラウドのプラットホームであるForce.comを提供して以来の思いを述懐した。「彼らにForce.comのネイティブアプリケーションを書いて欲しい」という願いは、ここ最近になり実現しはじめている。この日はトップ10企業のうち2社のCEOが来場した。

 20年以上にわたり企業のITサービス運用管理ソフトウェアを提供するBMC SoftwareのCEO ロバート・ビーチャム氏はその一人だ。同社では、企業ITサービスのライフサイクル管理ツール「Service Desk」を、Force.comのネイティブアプリケーションとして再構築した。Force.comへの載せ替えは、わずか2ヶ月足らずで実現。完成したツールのダッシュボード画面は、カスタマイズによりパーソナライズも可能。Visualforceで開発されたユーザインターフェイスから豊富な機能を利用できる様子が、デモンストレーションされた。

 「クラウドでコストを下げることができる」とビーチャム氏は断言する。Force.comであれば開発時にサーバーやOSなどのインフラを一切気にする必要がない。製品そのものだけに集中できることは大きなメリットだろう。Force.com上で構築されたBMC Service Deskは、2010年の第二四半期には提供を開始する予定だ。ビーチャム氏のコメントを受けて、ベニオフ氏が「BMCができるならば、みなさんの会社でもできると思いませんか。いま、.NETやJavaで開発を行っているのなら、Force.comですぐにアプリケーションを作ることができますよ」と会場に語りかける場面も見られた。

 マルチテナントのカーネル。顧客の要望をもとに強化を行っているセキュリティ機能。99.999%という稼働率を誇る信頼性。平均アクセススピード300ミリセカンドの処理スピード。わずか5分の停止時間でのアップグレード。「ハードウェアやアプリケーションサーバー、データベースを選ぶ必要はない。これらの作業からの解放は、開発のスピードにもつながる」と、クラウドプラットフォームとしてのForce.comの完成度の高さについて同氏は自信を示した。

 もちろん、名物となったベニオフ節は今回も炸裂。「先日参加したOracle OpenWorldでは、高価なExadataのマシンがライトを点滅させて展示されていた。私には、Oracleがクレイジーなものを顧客に示しているとしか思えない。多くの顧客はハードウェアやソフトウェアのメンテナンスにもうお金を払いたくない。イノベーションにこそ投資したいのだ」という同氏の発言に対しては会場から大きな拍手が巻き起こった。

次のページ
企業規模に関わらずForce.comを活用する事例が多数ある

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Events & Seminars連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2005 2009/11/24 14:01

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング