SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Online Monthly Special

2008 R2、Denali、そしてSQL Azure… 日本マイクロソフトに聞くMicrosoft SQL Serverロードマップ


数あるデータベースソリューションの中でも、Microsoft SQL Serverほど使いやすさにこだわっているプロダクトは少ないのではないだろうか。業務ユーザ、開発者、そして管理者のどの立場からも、その操作性の良さを絶賛する声は多い。だが、SQL Serverの魅力は単なるeasy-to-useな使い心地にとどまらない。SQL Serverがどんな道を辿って現在に至り、そして今後はどこを目指しているのか ―日本マイクロソフトに、SQL Serverのロードマップについて話を訊いた。

数あるデータベースソリューションの中でも、Microsoft SQL Serverほど使いやすさにこだわっているプロダクトは少ないのではないだろうか。業務ユーザ、開発者、そして管理者のどの立場からも、その操作性の良さを絶賛する声は多い。そのためか、SQL Serverは技術指向色の強いOracleなどと比較して「初心者向けのRDBMS」というイメージをもたれがちだ。

だがSQL Serverの魅力は単なるeasy-to-useな使い心地にとどまらない。使いやすさを維持しながらも、時代に必要とされるさまざまな機能をバージョンアップのたびに提供し続けてきたからこそ、エンタープライズ市場で高い評価を得るに至っているのだ。

クラウド連携とセルフBI機能を搭載したSQL Server 2008 R2

まず、現状についておさらいしてみよう。SQL Serverの現バージョンは「Microsoft SQL Server 2008 R2」、日本では1年前の2010年5月にリリースされている。SQL Server 2008 R2はSQL Serverロードマップでいうところの"第3世代"に位置づけられる。

SQL Server カスタマー アドバイザリー チーム
プリンシパルプログラムマネージャー
多田典史氏

「SQL Serverのこれまでの進化は3つの世代に分けることができます。まず、Sybaseから購入したSybase SQL Server 4.2をWindows NTに移植し、インターネットサポートやレプリケーション搭載を実現したSQL Server 6.5までが第1世代にあたります。次に90%以上のコードを書き換え、セキュリティ機能の充実を図ったSQL Server 7.0、SQL Server 2000までが第2世代、そして、より大規模な環境での適応や大規模なデータの扱いを重視し、同時にTCO削減というビジネス上の課題にも対応することを求められたのがSQL Server 2005からSQL Server 2008、そして現バージョンにつながる第3世代です」(多田氏)

現バージョンのSQL Server 2008 R2は、バージョン名だけを聞くと2008の修正版(revision)のようにも思えるが、「2008から追加された機能から見てもメジャーバージョンアップと言って差し支えない」(多田氏)出来だという。その数ある機能強化の中でも特徴的なのがクラウド(SQL Azure)への対応とセルフサービスBI(PowerPivot)の提供だろう。オンプレミスとクラウドのシームレスな展開を可能にしたこと、そして世界中のビジネスユーザが使っているExcelをユーザインタフェースにしながら高度なデータ分析を実現したことが強みとなり、SQL Serverは他社製品との大きな差別化を果たしている。

SQL Server進化の歴史

SQL Server 2008 R2に関してもうひとつ付け加えるならば、今年3月に日本ヒューレット・パッカードと共同で発表したデータウェアハウス専用アプライアンス「HP Enterprise Data Warehouse Appliance」とBI機能に特化したアプライアンス「HP Business Decision Appliance」が記憶に新しい。いずれもHPのハードウェア上に、それぞれの用途に最適化したSQL Server 2008 R2を搭載したものだ。

ビッグデータ時代と呼ばれる現代においては、これまで大企業専用と思われがちだったデータウェアハウジングやBIの需要が爆発的に伸びている。そのニーズを見込んでの製品リリースだったが「お客様の反響は非常に大きい」(多田氏)という。TCO削減と経営のスピードアップをSQL Serverアプライアンスで実現する - 時代のニーズを読んだユニークな製品リリースだと言えるだろう。

次のページ
新機能が盛りだくさん、 期待度高まる新バージョン"Denali"

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Online Monthly Special連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

五味明子(ゴミ アキコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3135 2012/02/10 17:37

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング