SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

バッチ処理を瞬速に! データベースへの超高速アプローチを実現する半導体メモリアレイ「HP VMA」シリーズ


日本ヒューレット・パッカードは12月13日、データベースの処理性能を"瞬速"化させるハードウェアプラットフォームとして、半導体メモリアレイ「HP VMAシリーズ」を発表、同日出荷を開始した。日本HP エンタープライズサーバー・ストレージ・ネットワーク事業統括 サーバーマーケティング統括本部 統括本部長 上原宏氏は「データベースの最適化という言葉がキーワードになりつつあるが、ノウハウを駆使して最適化するにも限界がある。そのため最近の流れのひとつに密結合されたデータベース専用アプライアンス製品が取り沙汰されることが多いが、完全にベンダロックインされてしまう懸念もある。HP VMAシリーズはシステムのオープン性を確保しながら、劇的な応答速度のバッチ処理を実現する緩やかな疎結合のソリューション。ビジネスのアジリティを大幅に改善する」と語る。

 日本ヒューレット・パッカードは12月13日、データベースの処理性能を"瞬速"化させるハードウェアプラットフォームとして、半導体メモリアレイ「HP VMAシリーズ」を発表、同日出荷を開始した。日本HP エンタープライズサーバー・ストレージ・ネットワーク事業統括 サーバーマーケティング統括本部 統括本部長 上原宏氏は「データベースの最適化という言葉がキーワードになりつつあるが、ノウハウを駆使して最適化するにも限界がある。そのため最近の流れのひとつに密結合されたデータベース専用アプライアンス製品が取り沙汰されることが多いが、完全にベンダーロックインされてしまう懸念もある。HP VMAシリーズはシステムのオープン性を確保しながら、劇的な応答速度のバッチ処理を実現する緩やかな疎結合のソリューション。ビジネスのアジリティを大幅に改善する」と語る。

外付けストレージの代わりに高速半導体メモリアレイを!

 HP VMAシリーズは3Uの筐体に128GBのNANDメモリを最大84枚/10GBまで搭載可能な半導体メモリアレイ。1筐体/5TBからスタート可能な高い拡張性が特徴。4+1 RAIDおよびホットスペアに対応(84枚中4枚をホットスペアにできる)し、安全性も十分に考慮されている。NANDは寿命が短いと言われがちだが、「1時間に8TBの書き込みを行っても5年はもつ」(日本HP)としている。

 HP VMAシリーズは外付けストレージの代わりにサーバ製品と組み合わせて使うことが前提とされており、「HP ProLiant DL980 G7」とのPCIeによる直接接続や、同時に発売されたVMAシリーズのSANゲートウェイを介したDL980 G7および「HP Integrity」とのファイバチャネル接続などに対応している。 DL980 G7には8筐体まで接続が可能であるため、最大で80TBまでメモリ領域を拡張できる。複数サーバ構成を取ることでペタバイトクラスの容量拡張も実現可能だ。Windows/Linux上で動くものであればサーバ上に搭載されるデータベースの種類はいっさい問われない。またSANゲートウェイのほうはHP VMAシリーズを最大2台まで接続可能になっている。

日本HP エンタープライズサーバー・ストレージ・ネットワーク事業統括 サーバマーケティング統括本部 製品戦略室 室長 山中伸吾氏
日本HP
エンタープライズサーバー・ストレージ・ネットワーク事業統括
サーバマーケティング統括本部 製品戦略室 室長
山中伸吾氏

 

 日本HP エンタープライズサーバー・ストレージ・ネットワーク事業統括 サーバマーケティング統括本部 製品戦略室 室長 山中伸吾氏は、HP VMAをDL980 G7およびHP Integrityに接続することで劇的な応答速度の向上が得られることが最大の特徴だとする。

「標準的な15KrpmsのSAS HDDの応答時間は5,000マイクロ秒、SSDの場合は3,000マイクロ秒ほど。これがHP VMAをDL980 G7にPCIe直接接続すると100マイクロ秒、SANゲートウェイ経由のHP Integrityでも200マイクロ秒と大幅な性能向上が実現する。SANゲートウェイを介した場合はPCIeの直接接続に比べて若干、応答速度が遅くなるが、複数のUNIXサーバに対応できるため、サーバの自由度はより高まる」(山中氏)

次のページ
競合はExadata、そしてNeteeza

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

五味明子(ゴミ アキコ)

IT系出版社で編集者としてキャリアを積んだのち、2011年からフリーランスライターとして活動中。フィールドワークはオープンソース、クラウドコンピューティング、データアナリティクスなどエンタープライズITが中心で海外カンファレンスの取材が多い。
Twitter(@g3akk)や自身のブログでITニュース...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3668 2012/02/10 18:24

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング