SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

ビッグデータ社会のプライバシー問題

プライバシー保護がビッグデータビジネスを促進させる

■第1回

タイトルをみて「おや?」と思われた読者は多いのではないだろうか。ビッグデータを活用しようと考えている事業者にとって、プライバシーは阻害要因として受けとめられることが多い。ビッグデータが新たなビジネス機会として認識され始めた時期は確かにそうであった。しかし、今やプライバシーは、ビッグデータビジネスを手がける事業者にとって普遍的な関心事となり、理解が深まるにつれて、正面から保護対策を講じなければ展望が開けないことが共通認識になりつつある。本連載の第1回では、なぜプライバシー保護がビッグデータビジネスを促進するものであるかについて考えていく。

個人情報、パーソナルデータ、プライバシーの関係とは

 本連載では、「個人情報」、「パーソナルデータ(個人に関する情報)」、「プライバシー」の3つを、明確に区別して用いるため、最初にその定義と相互の関係を整理する。

 「個人情報」は、個人情報保護法で定義されているとおり、「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる、氏名、生年月日、その他の記述などにより特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)」である。

 「パーソナルデータ(個人に関する情報)」は、一人ひとりの個人に関連する情報の、最も広い集合を意味する用語として用いる。この中には個人情報も含まれる。ビッグデータ活用の観点からは、ウェブの検索・閲覧履歴や購買履歴、カーナビの位置情報などが主なパーソナルデータとして引用されることが多い。

 「プライバシー」は、法令上の定義はないが、一般的に、個人や家庭内の私事・私生活、または個人の秘密のことを指すものと理解されている。すなわちプライバシーは、パーソナルデータのうち、一部の私事・私生活に関する情報が該当するが、「個人情報」とは1:1に対応する関係にはない(図1)。

図1:「パーソナルデータ(「個人に関する情報)」、「個人情報」、「プライバシーの関係」
 図1:「パーソナルデータ(個人に関する情報)」、「個人情報」、「プライバシーの関係」

次のページ
すべてのパーソナルデータが個人情報になりうる?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ビッグデータ社会のプライバシー問題連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小林 慎太郎(コバヤシ シンタロウ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4817 2013/05/24 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング