EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本でパッケージを作るのが難しいのはなぜ?/経営者の引き際について

edited by DB Online   2016/07/29 13:00

本質的にITは関係ない

編集部 報酬が先か売り上げが先か。

神林 報酬が先っていうか、報酬と同時に…
 
編集部 がんばる
 
井上 がんばる…?
 

神林 がんばるっていうのをちゃんと成果として出すっていうっていうことじゃないですかね。東芝さんも立て直して、売り上げをきっちり上げてすごい会社に持っていきましたってなったらそれなりの報酬を払うってスタイルになっていたら違ったかも。

井上 うん。なってないですね。

神林 本来は、なる仕組みだったんですけどね。利益分配ですからね、役員報酬って。経費じゃないので。日本の場合は、実際はほぼ経費なんで。従業員の延長線上なんで。だからまあ、・・・全然ITの話関係なくなっちゃいましたけど(笑)

井上 全然関係ないですね(笑)

編集部 毎回、ITの話関係なくなりますね。

神林 そうですね。まあ、ITが本題じゃないんですよね、きっとね。

編集部 そうなんでしょうね。

神林 やっぱり、そもそも、企業のあり方とかビジネスのやり方とかのほうが根が深いので、技術的な問題以前の話がどうしても、でかいんでしょうね。そのへんが今のIT業界自体、ユーザーも含めて、やんなきゃいけないことっていうのが技術以外にあるって話なんだと思いますよね。ここ数年特にそうですよね。

井上 まあ、この業界がある程度成熟したせいもありますよね。

神林 ありますよね。まだ今までは汎用機からホストに変えるとか、そういうホストからオープン化するとかっていうのは、どっちかっていうと技術的なやり方とか、インターネット化するときにどうするかとか、でかい技術的な課題をどう乗り越えるかっていうのが、課題としては大きかった気があるんですけど、最近はどっちかっていうと、自分自身の問題として絶対に解決しないといけないっていう課題があんまりない気がします。以前に比べて。逆に言うとバズワードが流行る理由ははっきりしていて、そういうことぐらいしか話題がない。たとえば、オープン化の流れがあったとするじゃないですか。あの時だってデータ分析の話はあったんですよ、いくらでも。CRMとか。いろいろあったんですよ。だけどどちらかっていうと、本流のほうは、今の既存の今後続くかどうかわからないホストをオープン化していく話の方が実際の問題としては大きかった。人材も減っていくと。それに対応してオープン化どうやっていくかっていうのは、割とみんな真剣に考えてやるっていう方向でいろいろやっていたんですけど、そういう、自分の、当事者としての問題になるようなものが、ITの今の潮流からは出てきていないですね。AIにしてもそうですし、IoTにしても特にそうだし、じゃあ、それが、自分の、そもそも、じゃあ、それどう使うの?って聞いちゃうわけですよ。Hadoopどう使うの?ビッグデータどうやるの?IoTどう使うの?AIってどうやって使うの?ってベンダーに聞いているわけで。それは自分としての問題意識がすでにないんですよ。だからそこらへんが違う。以前は、やっぱり汎用機からオープン化に変えなきゃいけないんだけど、具体的にこういう風にしたいんだけど、そのときにうちはこれこれこういう問題があってって、どちらかっていうとこう、建設的に話が進んでいたところがあって、最近はそういうのがない。そんなところがあるので、少し停滞気味な感じがよけいしちゃいますよね。結局ビジネスとして今でかいのは既存のリプレースのSIなんで。なんのかんのいいつつ実態としてはですけど。表向きにどういっているかは別ですけどね……。

編集部 長生きもある意味、人類の勝利、社会の成熟の結果ですからしょうがないですよね。

井上 しょうがないし、年寄りは変われないと思い込む必要もない。変わるためには、高い報酬でチャレンジできるようにすると。

神林 僕は変わらないと思うなあ(笑)、なんでかね、なんで変わらないと思うんだろう?(笑)

編集部 神林さんは、現在山に登っているとのことですが、どこかの時点で、体力の衰えを自覚して山登りをやめるんですか?

神林 山登り?いやいや、やめないですよ。自覚しないし(笑)。他の年寄りが自覚しないのに、自分だけ特別で自覚する、なんておかしいじゃないですか。(笑)

編集部 (笑)。じゃあ、いつか事故るんですか?

神林 んー、わかんない。わかんないけど(笑)。するかも(笑)。

井上 ひとつ、僕に関していえば、年を重ねるほど、むしろ昔のほうが保守的だった気がしていて。なんなんですかね。わかんないですけど、昔のほうが先が長いじゃないですか。だんだん短くなると、リスクをとっても、まあ、いいかみたいな(笑)

編集部 そんな、まだ短くないですよ!(笑)

神林 だって、Notes作ってる段階で全然保守的じゃないですよね(笑)

井上 もうちょっと技術のところで、今のほうが、まあ、なんでもいいかな、みたいな。

神林 や、どうなんですかね。

井上 たぶん、それができるひとつのところが、億はもらってないですけど、お金がそれなりにあったりとか、生活に余裕があるとか、そういうことが関係しているかもしれないなって。

編集部 お金大事ですね。

神林 どうかなあ……

井上 ちなみにみなさんは、年齢とともに保守的になっていますか?

神林 なってますね、確実になってますね(笑)。

編集部 なってますね。

井上 あれ?僕、変わり者なのかな(笑)。

編集部 あの、たぶん、井上さんは、もとからそんなに保守的ではないのでは……

井上 いや、でもね、けっこう保守的だった気がするけど…

神林 あんまり変わってないんじゃないですか?Notesやっている段階で全然保守的じゃないですよ。当時と同じような感じの、もっと派手なことをやる気が起きますかっていうことで。あと、僕の場合は、体力は確実に落ちましたね。集中力も落ちますよ。あと、あんまり怒らなくなった。

井上 (笑)

編集部 (笑)

神林 え、なんでそこで笑いますか。

編集部 昔どんだけ怒ってたんだっていう。

神林 昔は1年に2回くらい電話機を壊していましたね。すぐキレるっていうので。

編集部 まるで今はすぐキレないような言い方ですけども。今後どうなるか、神林さんが60になるまでこの対談を続けていって、変化を見守るというか辞めます宣言まで見守らないと。

神林 僕はやめますよ。うちの会社は若い人すごく優秀なので、僕がいなくても回りますからね。今はそんなことないですけど、そのうちそうなると思います。そうするのを目標でやっているので。

井上 それは技術的な部分じゃなくて、ビジネス的なお金を回す部分もっていうことですか?

神林 お金を回す部分はまだ彼らはできていないと思います。さすがに。でも、そのうちできるようになってくると思うので、回るようになってしまえば、意外にあとは惰性でいってしまうところはあるかなと。そこまで行って、さらにプラスを考える余裕が出てくるんじゃないですかね。

井上 出てくればいいですけど。

神林 出てくると思いますよ。余裕がでてくれば、やれるだけの能力はありますよ、彼らには。ビジネスセンスもあるし心配してないですね。

編集部 お金さえあれば、ね。

井上 そうですね。多少、チャレンジのためにはセーフティネットが。

神林 そう、セーフティネットを作るのが経営者の仕事なので。そこがセーフティネットになってなかったりするんですけどね。

編集部 貧すれば鈍すで。お金がないと硬直しますね。

神林 あればあったでいいかって話もあるので。

編集部 毎回同じようなところに行き着きますけども。次回のお題はクラウドです。



著者プロフィール

  • 井上誠一郎(イノウエ セイイチロウ)

     株式会社ワークスアプリケーションズ  Partner/Executive Fellow  ロータス株式会社時代、アメリカ・ボストンのIris Associates社に出向、Lotus Notesの開発に従事。その後、アリエル・ネットワーク株式会社の創業メンバーとして参加、CTOを務める。現在は株式会社ワークスアプリケーションズのエグゼクティブフェローとして、製品横断のパフォーマンス改善、開発インフラの改善、採用(グローバル)、教育等に従事。また、同社の新製品である世界初の人工知能型ERP「HUE」開発のアーキテクチャー責任者を務め、グローバルでの開発を指揮している。

  • 神林飛志(カンバヤシ タカシ)

     ノーチラス・テクノロジーズ 代表取締役社長  1998年、小売りチェーンのカスミに入社。2002年10月にウルシステムズ取締役に就任。2011年10月ノーチラス・テクノロジーズ代表取締役副社長を経て、2012年4月より現職。オープンソースの分散処理ソフト「Hadoop」で基幹系のバッチシステムを実現するための「Asakusa Framework」を開発、分散処理システムの導入を手掛けている。

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Facebook : http://www.facebook.com/dbonline.shoeisha

バックナンバー

連載:IT屋全力反省会

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5