Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

データ・セキュリティ戦略強化の米RSA、Tablusの買収計画を発表

  2007/08/10 13:12

EMCのセキュリティ部門であるRSAが8月9日、Tablusを買収する計画を発表した。データ・セキュリティ戦略の大きな前進をはかる狙いだ。

 買収の対象となるTablusはデータ漏えい防止などの技術に強みを持つカリフォルニア州サンマテオの未公開企業。金額などの詳細は明らかにされていないが、手続きは2007年第4四半期に完了する見通し。実現すれば、RSAのデータ・セキュリティ戦略は大きく前進するだろう。

 RSAは、Tablusの持つデータ発見などの技術と、EMCの持つデータ管理技術とを組み合わせることで、シンプルなポリシーに基づいてすべてのデータを管理できるプラットフォームの提供を目指すとのこと。

 「情報セキュリティへの関心が高まっている現在、非常に多くの企業が、自社が何のデータを持っているのか、また、それがどこにあるのかを正確に把握することの難しさに気づき、また、その実現に心を砕いている。安全を実現するためには、自分の管理下にデータを置くことが必要だが、そのためにはまずデータの所在をつきとめ(data discovery)なければならない。データの発見に強みをもつTablusを獲得することで、我々はさらに良質な情報セキュリティサービスを提供できるだろう」(アート・コビエロ氏/EMC上級副社長、RSA社長)

【参考】 RSA, The Security Division of EMC, to Acquire Tablus(リリース)

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5