SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DBプロに会いたい!

最も謎めいたデータベースベンダーに潜入してみた―SAPジャパン 新久保浩二さん


 5年ぶり2度目の登場となる今回のDBプロはDBオンラインの読者の皆さんならご存じ、新久保浩二さんだ。スーツを着こなし、パソコンを小脇に抱え、受付ロビーに登場した姿はいかにも「ビジネスマン」そのものだった。データベースが大好きな青年はSAPジャパンで大人へと変身したかのようだ。新久保さんにとって変わったもの、変わらないものは何か。

データベースを究めるならデータベースベンダーに

DBオンラインではおなじみ、新久保浩二さん
DBオンラインではおなじみ、新久保浩二さん

 SAP新久保浩二さんは現在SAPジャパンにてデジタル・エンタープライズ・プラットフォーム部に所属し、主にプリセールスとして働いている。前職はインサイトテクノロジーのコンサルタントで、コミュニティ活動にも積極的に関わっていた。本コーナーでもすでに取り上げている。

 【5年前の新久保さん】クールなOracle ACEの熱い鼓動を聴け―新久保浩二さん

 オラクルのイメージが強かった新久保さんがSAPジャパンだなんて、青天の霹靂だ。当時の写真と現在の写真を見比べても、少年のような雰囲気からいっきに大人になってしまった印象を受ける。「一体何が起きたのか?」と質問すると、新久保さんは「忘れちゃいました」とぺろっと笑う。

 「データベースが好きでした。でもデータベースのベンダーにいたことはない。ベンダー外から調査や評価をするのは楽しかった。楽といえば楽。でもそれでいいのかと気にしていました」(新久保さん)

 データベースをより深く究めるならデータベースベンダーに入り、内側から開発の過程も含めて自分の目で見たかったのだろう。それが転職につながった。とはいえ、新久保さんはOracle ACEでもあり、日本オラクルというデータベースベンダーに近いところにいたはず。なぜ日本オラクルではなくSAPジャパンだったのかと聞くと、「一番謎に満ちたところだから」とさらっと言う。

 未開拓だからこそ選んだ。なんという冒険心だろう。転職する前は「知っている人もいない。製品(SAP HANA)も分からない。全くインデックスがない。どうやって生きていけるか分からない」と思うほどだったという。

 前記事にあるように、もともと転職の意向があり、タイミングをうかがっていたところがある。転職先をいろいろと検討した結果、最終的にはSAPジャパンに決めた。決断を後押ししたのが年齢だ。40歳を目前にしていたため、転職しようという気になったそうだ。

 前職のインサイトテクノロジーを出て、未練や後悔がないことは話す様子から十分伝わってくる。念のため聞いてみると、やはり「全くなかったです」。同社を卒業して活躍している人を多く見ているため「その方が健全」と思えるのだという。

 「自分の中心で活躍できて、表現方法が合っていればいいのでは」と新久保さんは言う。開発者なら開発することが自分の中心であり、自分が納得できるものを開発できることが大事ということ。同様に営業なら自分の売り方や売るものが納得できること。新久保さんなら中心はデータベース技術なのでデータベースを開発している会社で、その中でデータベースを究めることを仕事として、アウトプットができることが重要だった。

次のページ
人脈というインデックスを構築する日々

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DBプロに会いたい!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:http://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/9301 2017/10/10 13:59

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング