SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DBプロに会いたい!

データベースの世界から機械学習の予測の世界へ―DataRobot 原沢滋さん


 前回原沢さんが「DBプロに会いたい!」のコーナーに登場したのは、2014年4月のこと。インタビューの最後に「もう1回、スタートアップを経験したいなー!」と言っていた原沢さんは、言葉通りに2014年夏に所属していたIBMを離れ、新たにNoSQLのデータストア「Cassandra」を日本市場に普及する仕事へと転身する。その後の原沢さんがどんなチャレンジをしているのか、再び話を訊いた。

DataRobotのすべてがわかる!

 DataRobot AI Experience Tokyo 2017開催!

2017年11月9日(木) 13:00 ~ 19:00@虎ノ門ヒルズフォーラム
お申込みはこちらから!

有言実行、スタートアップの立ち上げにチャレンジ

DataRobot 原沢滋さん
DataRobot 原沢滋さん

 「Cassandraは、大量のトランザクションデータを、極めて高速に処理、スケールできるところが面白いなと思いました」と、原沢さんは魅力を語る。ならばそれを日本市場に普及させる仕事をやってみようと考えるのが彼だ。その頃Cassandraの商用版を扱っているDataStax社には、日本にビジネス担当者はいなかった。そのためビジネスの立ち上げを全て自分でできる状況であり、これもチャレンジのしがいがあると原沢さんは考えるのだ。「技術的にCassandraに惚れたということ以上に、自分で全部できることに魅力を感じていたかもしれません」と振り返る。

 新たなチャレンジを始めた際の原沢さんの立場は、DataStax社の正社員ではなかった。日本での会社の立ち上げから製品のマーケティング、営業活動に至るまでを、外部コンサルタントという立場で行うことになった。「オープンソースの製品でビジネスをどう成り立たせるかを考えていた」。とはいえ積極的な活動で、大規模な顧客も獲得していく。しかし米国のDataStaxがなかなか日本法人を立ち上げてくれず歯がゆい思いもした。

 その後は次第に市場でのCassandraの認知度も向上し、顧客も順調に増えていった。そんな状況にあった2015年後半に新たな出会いがあった。Netezzaのビジネスを一緒にやっていた米国のメンバーの1人が来日し、久しぶりに会うことになる。彼から最近面白いことをやっているのだと紹介されたのが、機械学習の自動化プラットフォームの「DataRobot」だった。DataRobotの製品を実際に見せてもらった原沢さんは、とにかく製品のコンセプトとその出来映えに驚愕する。

「データに関わってきた自分にとって、5年後くらいにこんなことができるかもしれないとざっくり考えていたものを目の前に見せつけられたような気がした。これにはすごい、かなり大きな衝撃を受けました」(原沢さん)

 DataRobotは日本進出を真剣に考えていた。その後、リクルート社がDataRobotに投資し、そのことが、DataRobotの日本への進出をさらに後押しすることになる。

 原沢さんにも引き続きDataRobotサイドからコンタクトがあったという。とはいえ、まだCassandraの立ち上げに奔走していたこともあり、とりあえずはアドバイスだけはするという程度にとどまっていた。

次のページ
腰を据えてDataRobotの立ち上げにチャレンジ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DBプロに会いたい!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/9955 2017/10/29 21:21

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング