Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「握手する姿は想像つかない」―オラクルとマイクロソフトのクラウドサービス提携の裏にあるもの

2013/07/08 16:30

米国時間の6月24日、これまで敵対していたOracleとMicrosoftが、クラウドサービスで提携するという発表には、ちょっと驚かされた。提携の内容は、OracleのソフトウェアをWindows Server Hyper-VおよびWindows Azureで利用できるようにするというもの。これにより、Java、Oracle Database、Oracle WebLogic ServerなどのOracleソフトウェアを、Windows Server Hyper-VやWindows Azureで利用した場合にOracleから正式なサポートを受けられる。逆にMicrosoftはJava、Oracle Database、Oracle WebLogic Serverなどを、Windows Azureの顧客に対して提供し、OracleはOracle LinuxをWindows Azureの顧客に提供することになる。

IT業界の競合地図を書きかえる大きなできごと

 この提携発表は、MicrosoftのCEO スティーブ・バルマー氏、Oracleの社長マーク・ハード氏によって行われた。バルマー氏は「今回の提携により、当社の顧客は当社独自のハイブリッド・クラウド・ソリューションで、オラクル・アプリケーション、ミドルウェア、データベースを、これまでWindows Serverで長年行ってきたのと同様に、柔軟に活用できるようになります」と述べている。一方のハード氏は「今回のマイクロソフトとの協業は、両社の関係を強化するものであるとともに、両社の顧客が享受する利益において重要なものです」と述べた。この2人が握手をしている姿は想像しにくいが、これが今後のクラウド市場変化の兆しとなりそうだ。

まさかの競合が提携 MicrosoftのCEO スティーブ・バルマー氏
まさかの競合が提携!
MicrosoftのCEO スティーブ・バルマー氏
「両者の関係を強化」と語るOracleの社長マーク・ハード氏
「両者の関係を強化」と語る
Oracleの社長マーク・ハード氏

 もう1つ、米国時間25日にはさらに驚かされることが。OracleとSalesforce.comが「新たな戦略的パートナーシップ」を結ぶという発表が行われたのだ。内容は、Salesforce.comがOracleのOSであるOracle Linux、エンジニアド・システムズのExadata、そしてOracle DatabaseおよびJava Middleware Platformをベースに、自社のサービス環境の標準化を図っていくというもの。

なんとセールスフォースまで!オラクルと「新たな戦略的パートナーシップ」を結んだラリーの宿敵(?)、ベニオフ氏
なんとセールスフォースまで!
オラクルと「新たな戦略的パートナーシップ」を結んだラリーの宿敵(?)
マーク・ベニオフ氏

 一方、OracleはSalesforce.comをOracle Fusion HCM CloudおよびOracle Fusion Financial Cloudに統合する。そして、Salesforce.comのアプリケーションとプラットホームに、Oracleのコア技術を提供する。さらに、Salesforce.comはOracleの人材管理アプリケーションのFusion HCMと会計管理アプリケーションのFinancial Cloudを導入し、逆にOracleはSalesforce.comのCRMアプリケーションのユーザーになると言うのだから驚きだ。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5