SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IBM、世界のAI導入状況に関する調査結果を発表 中印ではIT組織の6割で活用

 IBMは「世界のAI導入状況 2022年」を発表した。本調査は、IBMの委託を受けたMorning Consult社が、自社のIT関連の意思決定について何らかの知識・影響力を持つ世界の7502人の経営層を対象として実施したもの。

 本調査によれば、2022年における世界のAI導入率は35%に達するという。これは去年と比べ13%増となっている。また、42%の企業がAIの導入を検討していると回答し、大企業は中堅企業よりもAIを利用する割合が高いとのことだ。

 なおAIの導入率では中国とインドの企業がリードしており、これらの国々ではITプロフェッショナルの60%近くが、自分の組織でAIを積極的に利用していると回答している。

 またAIを導入していない企業は、自社が適切なデータ管理ツールを有しているという自信がほとんどない、またはまったくないと回答する割合が3倍高くなっており、37%の企業がAI戦略を策定中、28%がすでに包括的な戦略を策定し、25%が限られた・または特定のユースケースにのみ焦点を当てた戦略を実施しているとのことだ。

 さらにAIへの投資は増え続けているものの、特にAIを利用する可能性が大幅に低い小規模な組織にとっては、導入への障壁が残っているという。調査では、企業のAI導入における上位3つの障壁は、AIの専門知識が不足していること(34%)、料金が高いこと(29%)、AIモデルを開発するツールやプラットフォームがないこと(25%)であることが判明している。

【関連記事】
日本IBM、歯科治療利用者が手軽に医師などへ相談できる回答案提示ソリューションを発表
日本IBMとキンドリル、リコーのDX加速に向けパートナーシップを強化
トラスコ中山、人事制度改革の基盤に「SAP SuccessFactors」を採用 日本IBMが支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16308 2022/07/13 12:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング