EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

セントラル短資FXがOracleデータベース基盤にオールフラッシュストレージを採用した理由

edited by DB Online   2019/01/07 06:00

2ラック削減できて月に50万のコスト削減 パフォーマンスも向上

 結果としてどう変わったか。Oracle RACはそのまま、2ノード環境を8セットから、2ノード環境を6セットに変え、ストレージは全てXtremIOに切り替えた。構成変更でサーバー台数が減っただけではなく、付属するインターコネクト用スイッチやFCスイッチなどが共有できて、物理ラックの本数が4本から2本になった。

 ラックの本数が減ったことは大きい。場所をとらなくなっただけではなく、運用コストを月に50万削減できたという。清水氏は「ストレージをXtremIOに変えても、コスト的に釣り合います」と話す。

 パフォーマンスも向上した。これまでは使用していたストレージに依存して安定しているが若干遅い環境と、普段はそれなりに早いがログスイッチなどのIO負荷が高まるとレイテンシが悪化する環境という微妙な状態だった。しかしXtremIOに変えて統合してからは「安定して速くなりました。(データベース側でチューニングすることなく)ストレージを変えただけなのに」と清水氏。

 アプリケーションチームからは為替レート変動時の書き込みが4~5msから2~3msへと短縮され「速くなりましたね」と好評だという。実際にSTATSPACKで比較すると、「log file parallel write」は約半分、「log file sync」は約1/4になり、パフォーマンス向上できたのが見てとれる。

 最後に清水氏はXtremIO購入時の注意点をいくつか挙げた。細かいことかもしれないが、見過ごすと意外と致命的なので重要だ。まず「基本的には200V電源が必要であること」。200V電源が確保できずに断念するケースもあるようだが、セントラル短資FXでは「ディスク本数が少なかったため100V電源で足りました。基本は200V電源が必要ですが、100V電源でも足りることがあるので、Dell EMCの担当者さんに確認してみてください」と清水氏。

 もう1つは「XtremIOは大きい(長い)」。同社が使う奥行き1mのラックだと、XtremIOははみ出してしまう。そこでブラケットを挟み、XtremIOをラックの前方方向にずらすことで、無事にラックに搭載できたという。ただしその経緯でちょっとした計算違いがあり「かっこいいフロントベゼルを取り付けられなかった」(清水氏)。性能には全く関係ないが、見た目がむき出しになってしまい、そこがちょっと口惜しいのだとか。これも基本的かつ忘れてはいけない物理設計に入るのかもしれない。

ブラケット利用例
ブラケット利用例


著者プロフィール

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。 Webサイト:http://emiekayama.net

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Facebook : http://www.facebook.com/dbonline.shoeisha

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5