EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

リアライズが語ったデータマネジメントを軸としたDX推進の心得 リアライズ 櫻井 崇氏 講演レポート

edited by DB Online   2021/01/12 10:00

リソース統合の手法を表した「データマネジメント知識体系ガイド」を紹介

 現在、そして未来のDXに不可欠なリソース統合の考え方として、櫻井氏はフレームワークとベストプラクティスの重要性を強調し、参照データとマスタデータのコンテキスト図を紹介。各領域でどのように施策を推進していくべきかが表されており、データマネジメント知識体系ガイド(DMBOK)にも準拠している。その中でリアライズは「データソースの評価と査定」「データモデルの作成」「スチュワード制と保守プロセスの定義」「ガバナンスポリシーの確立」を得意とするという。

[クリックして拡大]

 最後に櫻井氏は、データ活用を推進するDMP(Data Management Platform)の構築イメージの図を提示し、「データ活用に必要なプラットフォームは、単にデータ基盤だけではなく、データマネジメントの要素を入れてルールの整備を行っていくことが大切」と語り、NTTデータ及びNTTデータビジネスシステムズとの連携で提供している「TDF(Trusted Data Foundation)」について紹介。

[クリックして拡大]

 「ぜひともDXにデータマネジメントを取り入れて、これからのビジネスに勝利していただきたい」とメッセージを送り、セッションを終えた。

データ視点アプローチで構築するDMP(Data Management Platform)

 DMP/CDPの導入をデータ視点で「データ収集」→「データ蓄積」→「データ整備」→「データ活用」までを一元管理できる仕組みや運用体制を、お客さまの目的や現状の業務、データを踏まえて作り上げることができます。 詳細はこちら



関連リンク

著者プロフィール

  • 伊藤真美(イトウ マミ)

    フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ビジネスやIT系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

  • 丸毛透(マルモトオル)

    インタビュー(人物)、ポートレート、商品撮影、料理写真をWeb雑誌中心に活動。  

バックナンバー

連載:data tech 2020 レポート
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5