EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「仮想サーバに最適なストレージ仮想化ソフト」-SANmelody アーキテクチャ編-

  2007/10/15 12:00

サーバ仮想化が進むにつれ、注目されている「ストレージの仮想化」。なぜ、仮想サーバには仮想ストレージが必要とされているのだろうか?

本章では、「仮想サーバに最適なストレージ仮想化製品」として注目を集めている「SANmelody」の構成や特徴を詳細に渡って紹介し、SANmelodyが仮想サーバに与えるメリットとともに解説していく。

Total Enterprise VirtualizationとSANmelody

 インフラの仮想化は、リソースの有効活用というメリットだけでは無く、運用・管理の改善というメリットが大きい事、そしてそのためにインフラの一部ではなく、全体を仮想化することが最も理想的なインフラ仮想化の姿であるという事は1、2回記事で述べてきた。

 関連記事

  1. 第1回:あらためて理解する仮想化のメリット
  2. 第2回:次世代インフラの鍵、ストレージ仮想化のすべて

 データコア・ソフトウェアでは、インフラ全体を仮想化するモデルを「Total Enterprise Virtualization(以下TEV)」と呼んでいる。TEVのポイントは、IAサーバという汎用ハードウェア上で、ソフトウェアを使いインフラ全体を仮想化する事である。

Total Enterprise Virtualization(TEV)イメージ
Total Enterprise Virtualization(TEV)イメージ

 実はストレージのさまざまな機能の一部をソフトウェアで行う製品はいくつも存在している。例えば、iSCSIのターゲットや、レプリケーションのソフトなどである。だが、ストレージコントローラ自体の機能をソフトウェアで提供する製品は非常に少ない。

 データコア・ソフトウェアの「SANmelody」(評価版ダウンロードはこちらから⇒http://japan.datacore.com/products/prod_SANmel_trynow_form.asp
はブロックレベルのストレージ仮想化機能を持ち、さらにストレージコントローラと同様の機能を提供する数少ないソフトウェアである。

 1998年に設立されたデータコア・ソフトウェアは、早くからストレージ仮想化ソフトウェア「SANsymphony」を製品化してきた。例えば、ストレージのリソース管理で注目を浴びているシン・プロビジョニング機能は、「SANsymphony」には2001年から実装されている。

 「SANmelody」は、多くの実績を重ねながら成熟を重ねてきた「SANsymphony」のアーキテクチャがベースとなって完成した製品である。現在では、3TBから60TBとさまざまなストレージ規模にあわせてパッケージされ、「価格と機能のバランスが取れたストレージ仮想化ソフトウェア」として多くの仮想サーバ製品と組み合わせて利用されている。選ばれる理由の1つとして、「各ライセンス間のアップグレードが可能」という特徴がある。この特長は、データの増加やシステムの拡大にあわせて最小のコストで仮想ストレージシステムの運用を可能にする。

データコア仮想化製品マップ
データコア仮想化製品マップ

 現在「SANmelody」は、多くの仮想サーバと組み合わせて利用され、TEVの仮想化モデルを実現している。


著者プロフィール

  • 片山 崇(カタヤマ タカシ)

    データコア・ソフトウェア株式会社  取締役 兼 セールス・マーケティングマネージャー 成蹊大学法学部卒。アルゴ21において仮想ストレージ、SAN、バックアップ、災害対策、ストレージアセスメントなどのストレージソリューションの営業を幅広く経験。現在、仮想ストレージベンダーであるデータコア・ソフトウェアにて、様々な業種のユーザーに対しコンサルティング的な視点からセールスを行う。また、仮想化業界全体の動向を分析、予想するマーケティングマネージャーを兼任している。 URL:http://japan.datacore.com/ Eメール:

バックナンバー

連載:次なる仮想化ポイント「ストレージ仮想化」
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5