SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

元サンのバイスプレジデントが語る「オラクルがハードを扱う理由」


「エンジニアドシステムのブレークスルーを提供していく」―オラクル・コーポレーションでシステム事業を統括するエグゼクティブ・バイスプレジデントのジョン・ファウラー氏が来日。オラクルのハードウェアとソフトウェアを一体化したエンジニアド・システムに加え、サーバーやストレージなどの製品戦略について説明した。

ソフトの戦略を、ハードでも

 今回来日したのは、オラクル・コーポレーション システムズ担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのジョン・ファウラー氏。

サンのシステム製品を統括しているジョン・ファウラー氏
サンのシステム製品を統括している
ジョン・ファウラー氏

 オラクルがサンを買収する以前は、サンに14年以上にわたって勤務。この間、サンのシステム担当エグゼクティブ・バイスプレジデント、サンのソフトウェア事業の最高技術責任者(CTO)、Solaris、Linux、サンのx64システム・グループ担当エグゼクティブ・バイスプレジデントなどの役職を歴任。買収後も、SPARC、そしてx64ベース・サーバー、ネットワーキング、ディスクそしてテープ・ストレージ製品など、サンのシステム製品を統括しており、さらに今後は、「Oracle Solaris」を含め、システム製品に関するソフトウェアを統括していくとのこと。

 ファウラー氏は、まず、オラクルの基本的なシステム戦略について説明。なぜ、オラクルが現在ハードを扱っているのか、その背景について、「オラクルはこれまでも完全なソフトウェアのポートフォリオを開発してきた。それぞれのカテゴリにおいてベストを目指し、エンジニアリングにも注力。オラクル製品を総合的に使うことでパフォーマンスを向上させきた」と、これまでのオラクルのスタンスを振り返った。

 その上で、「この戦略はハードでも同じ」と、ハードでも、エンジニアドシステムと統合されたサービス提供に力を入れていくことを表明。オラクルでは現在、43億ドルの投資をソフトとハード、両方の開発に使っていることを明かした。

 ファウラー氏が強調するエンジニアドシステムは、オラクルが今後最も重要としている投資領域でもある。これまでは、サーバーやストレージは、ユーザーがさまざまなベンダーから購入し、統合は自分たちで行うというのが潮流であったのに対し、エンジニアドシステムでは、ハード、ソフトの融合でパフォーマンスが劇的に向上するだけでなく、システム環境の簡素化ができるのが優位点だという。

次のページ
エンジニアドシステム共通のテーマは「統合によるパフォーマンス向上」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小泉 真由子(編集部)(コイズミ マユコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3346 2012/02/10 17:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング