SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

超実践!Excelデータ分析講座

【Excelデータ分析講座】1-1 グラフの基本操作~グラフ編


Excelには、強力なデータ分析機能が備わっていますが、その中でもっとも基本的で身近な機能がグラフ機能です。この連載では、基本的なグラフの作成方法とグラフを利用したデータ分析の3つの例(経費予実比分析、在庫分析、価格弾力性分析)を説明します。第1回の今回は、グラフの基本操作について説明します。なお、この連載では、Excel2010を使用しています。

グラフを作成する

 グラフの元となるデータが準備できていれば、グラフを作成することは簡単です。グラフにしたい領域を選択して、作りたいグラフの種類を選択するだけでグラフを作成するとこができます。

ワークシート上のグラフにしたい領域を選択する。
キャプチャ
「挿入」タブの「グラフ」グループから「横棒」の「2-D横棒」-「積み上げ横棒」を選択する。
キャプチャ
積み上げ横棒グラフが作成された。
キャプチャ

 分析の視点を変えるために作成したグラフの軸を入れ替えることもできます。現在の積み上げ横棒グラフは製品別に支店ごとの売上を積み上げていますが、これを支店別に変更してみましょう。

グラフを選択して、「グラフツール」の「デザイン」タブの「データグループ」にある「行/列の切り替え」をクリックする。
キャプチャ
支店別に製品の売上が比較できるグラフに変わった。
キャプチャ

次のページ
グラフの書式を設定する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
超実践!Excelデータ分析講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平井 明夫(ヒライ アキオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3696 2012/04/20 18:19

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング