SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

SQL Server 2012 Deep Dive

SQL Serverのスレッドスケジューリング (後編)

第3回

こんにちは。日本マイクロソフト Premier Field Engineering部の古賀です。前回に引き続き、今回もSQL Serverのスレッドスケジューリングについてサンプルプログラムを使用しながら解説していきます。サンプルコードはこちらからダウンロードできます。

1. イベントオブジェクト

 SQL Serverのスレッドはロックやラッチの解放待ちなどで必要に応じて待機状態に入ることがあります。しかし、SQL Serverのノンプリエンプティブなスレッドは一般的なマルチスレッドアプリケーションとは異なり、Windowsが提供するイベントオブジェクトを直接使用して待機状態に入ることができません。.NET FrameworkのSystem.Threading.ManualResetEventのようなイベントオブジェクトを使用できないのです。なぜでしょうか?

 答えを明らかにする前に、サンプルプログラムで.NET Frameworkの待機系オブジェクトを使用して待機状態に入ると一体どうなってしまうのか、動作を確認してみましょう。SchedTestLibプロジェクトにあるEventWaitScenarioクラスのm_bUseNetFxEventという変数をfalseからtrueに変更し、LearningSchedUI.exeから「EventWait Test Scenario」を実行してみてください。m_bUseNetFxEventをtrueにするとManualResetEvent.WaitOneメソッドでワーカーが待機状態に入ります。

 結果、Non-Yieldingエラーが発生してしまいました。なぜでしょうか?答えは簡単です。ワーカーがCPUの使用権を放棄しないままManualResetEvent.WaitOneメソッドで待機状態に入っているからです。ManualResetEvent をシグナル化するワーカーはスケジューラーのランナブルキューにいますが、待機状態に入ったワーカーはCPU使用権を解放していません。ManualResetEventがシグナル化されない訳ですから、Non-Yieldingエラーが発生するのは当然です。

 では、bUseNetFxEventをfalseに変更して、再度「EventWait Test Scenario」を実行してみて下さい。bUseNetFxEventをfalseにすると、EventWaitScenarioクラスはScheduler.dllに実装されているEventクラスのWaitOneメソッドを使用して待機状態に入ります。

 今度はNon-Yieldingエラーが発生しませんでした。Scheduler.dllに実装されているEventクラスは、.NET FrameworkのManualResetEventと似た動作を行いますが、ワーカースレッドがノンプリエンプティブで動作していることを認識しているので、WaitOneメソッドを呼び出したワーカーを待機状態にするだけでなく、スケジューラーのランナブルキューにいるワーカーをシグナル化 (CPU使用権を譲渡) する処理も行います。

 SQL Serverの場合も同様で、Windowsが提供するイベントオブジェクトを使用するのではなく、Scheduler.dllのEventクラスと同じようにSQL Server独自のイベントオブジェクトを使用して待機状態に入ります。

次のページ
2. プリエンプティブなスレッド

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
SQL Server 2012 Deep Dive連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

古賀 啓一郎(コガ ケイイチロウ)

日本マイクロソフト株式会社勤務。きままなエンジニア。
謎があると解決せずにはいられない性格。
週末は家事に従事。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4168 2012/09/05 00:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング