SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

過渡期を迎えたWatson、あらゆるビジネスシーンに―World of Watson 2016開幕


 2016年10月24日、米国ラスベガスで「IBM World of Watson 2016」が開幕した。このイベント、昨年までは「IBM Insight」と呼ばれていたもの。アナリティクスのツールやそのインフラであるデータベースなどの話題が中心となっていた。昨年くらいからコグニティブ関連、つまりはWatsonの話題がぐっと増えており、今年は名実ともにWatsonのイベントとなったようだ。この名称になった背景にはIBMの製品、サービスのブランディング変更も関係しているかもしれない。IBMでは製品、サービスのブランドを、コグニティブ関連の「Watson」とクラウドの「Bluemix」という2つに収れんしているのだ。

5年後にはあらゆる医療関係の職業でWatsonを使いたいと思っている

 World of Watsonのカンファレンス自体は今回が2回目だと語るのは、IBM Cognitive Solution and Researchのシニア・バイスプレジデントで、自らをWatsonのゴッド・ファザーだと称するジョン・ケリー氏だ。1回目はブルックリンで開催し、1,000名ほどの規模の会議だった。それが今回のWorld of Watsonでは、2万人ほどの参加者となり一気に規模を拡大した。

IBM Cognitive Solution and Research シニア・バイスプレジデント
IBM Cognitive Solution and Research 
シニア・バイスプレジデント
"Watsonのゴッド・ファザー"
ジョン・ケリー氏

 コグニティブコンピュータのWatsonは、2007年の8月から始まった。最初Watsonは、クイズ王に挑戦し見事勝利した。とはいえ、このときからWatsonの目的はクイズに勝つことではなかった。当時からWatsonの技術をさまざまな分野で応用することを考えていたとケリー氏は振り返る。

 そこから5年の月日が流れ、Watsonはさまざまな使われ方をされ、多様な意思決定のサポートをしている。

 「Watsonを使うことで意思決定のスピードは速くなり、その精度を向上させています。ほんの5年で、クイズ王から癌の専門医を助けるシステムになっています」(ケリー氏)

 これからの3年、5年でWatsonはさらにどんなことをやるようになるのか。

 「たとえば医療関係の職業であれば、ありとあらゆるシーンでWatsonを使いたいと思うようになるだでしょう。また、企業買収の際にもWatsonを使わない企業は存在しなくなるでしょう」(ケリー氏)

 ケリー氏によれば、5年ほどの近い将来であれば、予測はかなり当たっているはずだという。しかしこれが10年、20年となると予測は難しくなる。それは、テクノロジーの進化がどんどん加速しているからだ。

 「1つ言えるのは、おそらく10年後には、領域によってはWatsonが未来予測をしていると言うことです。Watsonはクリエイティブになれるかと以前訊ねられたことがありますが、当時はクリエイティブにはならないだろうと答えていました。しかしその後、クリエイティブなものを生み出すChef Watsonを作っています。Watsonはさまざまなモデルを構築し、推測することができます。これを使って医療の分野では診断や治療の推奨をしています。ここではすでに数週間後、数ヶ月後に患者に起こるであろう症状を予測しているのです。つまりは未来の予測ができています。これがもっと広い範囲で可能になれば、世界を真に変えることになるでしょう。Watsonが人間と協業し、よりよい意思決定ができるようになるのです」(ケリー氏)

 Watsonを使って業界をどう変えられるか、このカンファレンスでヒントを得て是非考えて欲しいとケリー氏は参加者に促すのだった。

次のページ
Watsonはすでにビジネスシーンで現実化している

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/8626 2016/11/11 17:04

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング