EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ソフトウェア・ディファインド・ストレージの爆発的普及が始まる

edited by DB Online   2017/09/19 06:00

日本ではまだまだこれから、ScaleIOの魅力

 ここで中村氏はECSと同じくソフトウェア・ディファインド・ストレージであるScaleIOに話題を移した。「ECSはオブジェクトストレージですが、ScaleIOはブロックストレージになります。」(中村氏)。

 またSANなので、複数のサーバで作ったボリュームを共有することが可能だ。HA機能やVMwareの vMotion機能など、これまでの外付けのSANでしていたことは、普通に出来る。

 中村氏は、「ソフトウェア・デファインドの良いところとして、ユーザーに一番好評なのは、ノードの追加・削除が非常に簡単にできることです」と語る。こうした機能を使えば、たとえばサーバが古くなってストレージの機能を強化したい場合、データ移行不要で新しいハードウェアに切り換えられる、というメリットがある。

 このように数多くのメリットがあるソフトウェア・デファインドストレージだが、中村氏は「ScaleIOは、ワールドワイドでは2〜3年前からから売れだしています。日本では、信頼性や性能等の認識は高まりつつあり、導入が少しずつ増えてきたところです」と語る。

 現在、ScaleIOの販売容量のうちの8割ぐらいが、VMware環境で使われているが、今後はOpenStackやDockerなども伸びると見られている。ソフトウェア・デファインドなので、コマンドライン、スクリプトなどと親和性が高く、従来の外付けストレージよりも使い易いからだ。

 「サーバを買ってきてOpenStackとScaleIOを入れ、スクリプトを一発流せば、サーバとストレージの環境が出来上がってしまう。非常に使い易いので、運用コストも下がって行くし、デプロイの速度も速くなっていきます」(中村氏)。

 また、ScaleIOは、サーバのレイヤー、ストレージのレイヤーを完全に分けることもできる。この柔軟性を上手く使えば、システム更改の際など、それまでのサーバとストレージの運用をそのまま引き継ぐことが可能なので、ユーザーには大きなメリットがある。

 さらにScaleIOは非常に軽量なエージェントで性能上のオーバーヘッドが少ない。「フラッシュ等の高速なメディアを使い、大規模にスケールアウトさせれば、スループットという意味では、どのDellEMCのストレージよりも速いストレージになるでしょう」(中村氏)。

 ScaleIOの次のバージョンに関する発表は以下の通り。

  • SSDの容量効率の向上:現在のMB単位から4KB単位の書き込みが選択可能に
  • スナップショットの機能:現在の最大32個から255個に
  • ボリュームのマイグレーション機能
  • Dell PowerEdge 14Gをサポート

著者プロフィール

バックナンバー

連載:Dell EMC WORLD 2017 Report
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5