Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

クラウドサービスも使い放題の時代?~定額制も選べるAzureの料金体系

  2009/09/18 07:00

前回は、他社サービスとWindows Azureの料金比較を行ないました。今回は、Azureの課金体系についてもう少し詳しくお話します。

使った分払い価格モデルの詳細

 10円トリオ仲間であるAmazon EC2やGoogle App Engineも同じですが、1時間あたり$0.12のコンピューティング費用だけが課金対象というわけではありません。使った分払いのモデルを提供するパブリッククラウドベンダー3社は、クラウドコンピューティングの基本要素であるコンピューティング、ストレージ、ネットワーク帯域の3つを組み合わせた課金モデルとなっています。

図1:Windows Azureで1ヶ月間2インスタンスを動かした場合の課金例
図1:Windows Azureで1ヶ月間2インスタンスを動かした場合の課金例

 Windows Azureを使用する場合、クラウド上にデータを保存する場合には、1GBの保存領域あたり月額$0.15、加えてストレージを利用するトランザクション10,000件あたり$0.01が必要です。これは、少し分かりにくいと思われるので補足しておきます。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 砂金 信一郎(イサゴ シンイチロウ)

    マイクロソフトでクラウドコンピューティングやWebサービスを中心とした啓蒙活動を行うエバンジェリスト。過去のキャリアを活かし、ソフトウェア技術者とマーケター、さらに戦略コンサルタントの顔を使い分けながら啓蒙活動を展開。日本オラクルにおいて、ERPから情報系ポータル、新規事業立ち上げまで幅広く経験。そ...

バックナンバー

連載:0から分かるWindowsAzure入門講座

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5