SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

「シャドーIT」を完全に検知できている企業はわずか15%強──マネーフォワードi調査

 マネーフォワードiは、SaaS導入企業に勤務する1,021名を対象に、「SaaS管理に関するアンケート調査」を実施した。

約8割が、「ムダ(未使用)なアカウントがある」と回答

 自社で導入しているSaaSについて、ムダ(未使用)になっているアカウントがあるかを尋ねたところ、78.0%が「ある」と回答。約8割の人が社内においてアカウントの棚卸しや削除が十分になされていないと感じていることがわかったという。

ムダ(未使用)なアカウントの発生状況
[画像クリックで拡大表示]

約6割が、ムダ(未使用)なアカウントに対し月額3万円以上のコストが発生していると回答

 ムダ(未使用)になっているアカウントがあると回答した人のうち、63.2%の人がムダなアカウントに対して月額3万円以上のコストが発生していると回答した。

ムダ(未使用)なアカウントにおけるコスト
[画像クリックで拡大表示]

15.3%が「完全にシャドーITを検知できている」と回答

 シャドーIT(未認可のクラウドサービス)の検知について、「完全に検知できている」と回答したのは15.3%、「一部できている」が51.4%、「全くできていない」が12.7%、「わからない」が20.6%だった。完全にシャドーITを検知できているケースは少なく、中には全く検知できていない企業もあることがわかったという。

シャドーIT検知の対応状況
[画像クリックで拡大表示]

約4割が今後シャドーITの検知・対応を予定していると回答

 シャドーITの検知について「全くできていない」と回答した人のうち、38.9%が今後の検知対応について「検討中」または「予定あり」と回答し、対策を検討していることがわかった。

シャドーIT検知の対応
[画像クリックで拡大表示]

最も手間のかかる作業は「退職者のアカウント削除」

 手間がかかると感じているSaaS管理の作業について、5割以上が「退職時のアカウント削除」と回答し、最多となった。また、「アカウントの定期的な棚卸し」「シャドーIT/IDの検知」「入社時のアカウント作成」も4割以上が回答し、従業員の入社から管理・退職まで、幅広い業務で手間がかかっていることがわかったという。

最も手間のかかる作業
[画像クリックで拡大表示]

約4割が「事業部のSaaSは事業部主体で導入」と回答

 40.8%が、「事業部のSaaSは事業部が主体となって選定している」と回答。また、事業部主体でSaaSを選定していると回答した人に、全社利用と事業部利用のSaaSの数を比較してもらったところ、「事業部で利用するSaaSのほうが多い」という回答が50.6%、「全社利用するSaaSのほうが多い」という回答が31.7%だった。こうした回答から、事業部主体でのSaaS導入が進んでおり、情報システム部門の管理が届きにくくなっていることがわかったとしている。

SaaS導入の決定主体
[画像クリックで拡大表示]

【関連記事】
「マネーフォワード クラウドインボイス」送付機能が正式提供、請求書の送付業務を効率化
「マネーフォワード Admina」に“ChatGPT API”活用した新機能追加──6月より提供開始
マネーフォワード、海外拠点で「multibook」採用──グループ経営の強化目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17888 2023/06/14 12:15

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング