SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Online Day 2018 Report(PR)

最新!Oracle使いこなし術―ミッションクリティカルに最適なデータベースクラウドについて考える

クラウドならRACやData Guardでの災害対策構成も簡単に構築可能

 クラウド上で新規にミッションクリティカルな構成を作る際には、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナという4つのレベルの可用性を選ぶことができる。4つのレベルにクラウドサービスを当てはめると、それぞれの構成をマッピング可能だ。ブロンズレベルは、ハイブリッドの梅構成のクラウド版となる。リージョン1、リージョン2で梅構成を構築するイメージだ。まずは同じリージョン内にバックアップを取得し、それを定期的にリージョン2にコピーする。Database Cloud ServiceのEnterpriseかStandardで利用でき、Database Backup Serviceを組み合わせることになる。使い方はハイブリッドの梅と同様だ。

 Database Cloud Serviceでバックアップを取得するには、インスタンスを作る際に選択するだけだ。それでオブジェクトストレージにバックアップが取得できる。基本は日次でデータファイルがバックアップされ、アーカイブログは30分に1回取得され、ローカルに7日間、オブジェクトストレージに30日間保持される。

 バックアップは取得するだけでなく、戻すことが重要だ。実際に戻せるかどうかに関わるファイルが足りてるかどうかのチェックなどは自動で実施される。ブロンズ構成では、データ破損、データベース再起動不可、サイト障害などが発生した際に、直近のバックアップ取得のタイミングに復旧できる。

 シルバーでは、ブロンズのリージョン1のシステムをRAC構成にする。これによりリージョン1でノード障害が発生してもサービスは継続できる。OSのパッチやデータベースのパッチを適用する際には、ノードを縮退運用し順番に当てることでサービスを止めずに行える。

 オンプレミスでRAC構成を構築するのにはそれなりに手間がかかるが、Database Cloud ServiceであればRACを構成するにはチェックボックスにチェックを入れるだけだ。シルバーでは、計画外の停止においてもシステムの停止時間は数秒程度で収まり、計画停止はゼロダウンタイムを実現できる。

 シルバー構成では、Data Guardを活用する方法もある。Data Guardの利用も、Database Cloud Serviceならば「HA」の項目にチェックを入れるだけだ。これで同じリージョン内にスタンバイを置ける。Data Guardの場合も、計画外停止でも数秒から数分の停止で復旧する。データベースのアップグレードも短時間化でき、アプリケーションをスタンバイと切り替えながら更新することで数秒から数時間の停止で可能だ。

 ゴールドの構成は、それぞれのリージョンでRACを組みリージョン間はData Guardで連携する。ここまで実施すれば、サイト障害が発生しても運用を継続できる。この場合のData Guardの利用も「DR」にチェックを入れるだけだ。この構成では、メンテナンスによる停止時間もゼロにできる。

 さらにプラチナ構成では全てをRAC構成にする。その上でローカルリージョン内でもData Guardを利用し、リージョン間もData Guardで連携する。加えて適宜Golden Gateも組み合わせる。さらにApplication Continuityも利用すれば、計画外停止もゼロダウンタイムを実現できる。

 このようにパブリッククラウドを利用することで、さまざまなレベルの高可用性構成を容易に実現できる。とはいえ規制やレイテンシーの要件が厳しいなどで、パブリッククラウドに持って行けないこともあるだろう。Oracleの場合には、パブリッククラウドと同じような使用感で使え、その上で顧客のデータセンターにシステムを置きOracleが下位レイヤーを管理するOracle Cloud at Customerもある。これであればクラウドのメリットを享受しながら、ネットワークの遅延などの影響も受けにくい環境が実現できる。

 「Oracleでは、オンプレミスでMAAを実現してきました。この考え方はクラウドにも適用できます。MAAはオンプレミスかクラウドかにかかわらずミッションクリティカル環境を実現できるアーキテクチャです」と、クラウドで高可用性を実現するためにもMAAのアーキテクチャを適用してほしいと、佐々木氏は締めくくった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Online Day 2018 Report連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/10473 2018/03/22 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング