SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

新生アステリア(旧インフォテリア)が仕掛けるAI/IoT戦略「エッジウェア」とは?


 インフォテリアから社名変更した「アステリア」が新たな製品を投入した。中国のXiaomiグループ企業との提携による、IoTセンサーとミドルウェア「Gravio」の一体型サービスだ。同社としては、はじめてのIoTデバイスのリリースとなるが、「エッジウェア」という新たなAI/IoTコンセプトの製品だという。新Gravioは、はたして、新生アステリアにとっての起爆剤となるか?

<つなぐ>から星座へ、社名と製品ブランドを統合

アステリア株式会社 代表取締役社長 平野洋一郎氏

 「アステリアとは星座の意味。これまでシステム、データ、人をつなぐことをテーマにしてきたが、今後さらに広げ、輝く星をつないでいく企業となりたい」── 新生アステリアの平野社長は、10月2日におこなわれた発表会でこう語る。

 もともとXML専業ベンダーから出発した旧社名インフォテリアは、創業から20年、エンタープライズITの世界では知名度も高い。「アステリア」もまた同社の主力製品の名前として認知されてきた。

 そのインフォテリアが、今あえて主力製品「アステリア」の名前を新社名に据える。ブランドを統合し、さらに次のステップに飛躍するための事業拡大をめざしているのだろう。その第一弾のリリースが、今回のAI/IoT製品「新Gravio」だ。旧インフォテリアはここ数年は、「4つのD」戦略を掲げ、データ連携ツールの「Asteria」(データ)、モバイルデバイス「Handbook」(デバイス)をはじめ、デザイン思考を目的とした英国企業の買収(デザイン)、ブロックチェーン技術への取り組みと協会の設立(ディセンタライズ)などを推進してきた。

 今回製品とともに発表された「エッジウェア」は、同社の製品だけではなく、業界全体に提唱したいコンセプトなのだと平野社長は言う。

進化するAI/IoTのための「エッジウェア」

 AIや機械学習によるデータ分析から、ビジネスの価値を生み出すという考えは、ここ数年すっかり定着してきた。各種デバイスのセンサーデータや顧客データなどのビッグデータ分析が、ビジネス価値を生む。しかし、データ分析をどのレイヤー(層)で行なうかは、ビジネスモデルによって大きく異なる。すべてのデータをクラウドベースのサーバーに集中させ、分析する手法が適切でないケースも存在する。

 たとえば、直近の例で言えば、iPhoneの最新機種がそうであるように、端末側のチップセットで顔認証や様々なAI機能を実装するケースがある。それによって、アナリティクスのためのデータのサーバ送信の処理速度の問題や、プライバシーの問題を解消できる。データを第三者が運営するクラウドに送信する必要がなく、プライバシー問題もクリアできる。こうした背景から、データ分析をクラウドやデータセンターではなく、データが発生する機械に近い場所でおこなう「エッジコンピューティング」が、最近では注目されている。

 アステリアの提唱する「エッジウェア」は、こうしたエッジコンピューティングとは少し違う。エッジ側のデバイスには必ずしも高度なインテリジェンスは必要ない。データ通信によって送るのではなく、ユーザー側のソフトウェアで分析からデバイス制御までの処理と行なう。「IoTデバイス+ミドルウェア」という組み合わせで、分析のケイパビリティを増進させていくというものだ。その中核となるのが、今回発表された新Gravioである。

 

次のページ
孫正義のブロードバンド旋風がモデル

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

京部康男 (編集部)(キョウベヤスオ)

翔泳社 メディア事業部。同志社大学卒業後、人材採用PR会社に就職後1994年から翔泳社に参加。以後、翔泳社の各種イベントの立ち上げやメディア、書籍、イベントに関わってきた。現在は、嘱託社員の立場でEnterpriseZineをメインに取材・編集・書籍などのコンテンツ制作に携わる。 趣味:アコギ、映画...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/11246 2018/10/04 12:17

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング