EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

PostgreSQLがデジタル変革のデータ活用プラットフォームに最適な理由

edited by DB Online   2020/06/10 11:00

エッジもクラウドも同じRDBを使えば、すぐにデータを融合し活用できる

 富士通ではさまざまな顧客のビジネス現場に入り込み、デジタル変革をサポートしている。その際には、現場のノウハウや知識を共有し顧客と一緒に取り組む。現場のニーズやビジネスの進め方を知っていることは、富士通の大きな優位性でもある。

 実はRDBを使い既存のデータと新しいデータを融合するアプローチは、現場での経験から出てきたものだ。「ビジネス現場ではこれまでも、RDBを使い業務プロセス効率化のためにさまざまなシステムを構築しています。現場にあるRDBには貴重なデータがたくさん蓄積されており、それに伴う現場のノウハウもある。それらを活用しない手はない。であるならば、将来的にはHadoopなど新しい技術も活用するとしても、新たなデジタル変革の取り組みはRDB起点で進めたほうが良いとなったのです」と佐野氏。いきなり新しいデータに対し使ったことのない技術でなんとかしようとするより、使い慣れたRDBから入れば現場の敷居はかなり低くなる。

 現状のRDBはストレージにSSDが利用できメモリ技術も使えるため、かなり低レイテンシー(遅延)でデータにアクセスできる。そうなるとインデックスは必須でなくなり、これまで回避してきた全件アクセスなどが可能になり、より柔軟な活用ができる。「RDBと新しいハードウェアや新しい技術をマッチさせることで、活用範囲が大きく広がっています」と佐野氏は言う。

 また製造業の現場では、センサーなどからデータが大量に発生している。そのデータを全てクラウドに上げるとなれば、ネットワーク帯域やクラウド上の保管領域の確保などで大きなコストが発生する。さらにリアルタイムな制御をしたい時に、いちいちクラウドに問い合わせるのでは間に合わない。そのためエッジなどで瞬時に処理する要求もある。

 つまりデジタル変革は、現状クラウド一辺倒ではなくなったのだ。データの発生するそばにデータベースを置く。エッジやクラウド、仮想基盤でもRDBが動いていれば、データを合わせて分析するのに抽出、変換、加工などの手間は必要なく、すぐにデータを融合して活用できる。


関連リンク

著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

  • 丸毛透(マルモトオル)

    インタビュー(人物)、ポートレート、商品撮影、料理写真をWeb雑誌中心に活動。  

バックナンバー

連載:「PostgreSQL」 使いこなしの極意
All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5