SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press(AD)

「TiDB」は待ち望んだDBか? LINEヤフーとメルカリの“MySQL”プロが赤裸々に語り合う

TiDBを検証し、実際に触ってみた印象とは

 データに関わるすべての技術者に「学び」「気づき」「変化」を提供する場として、インサイトテクノロジーが開催しているカンファレンスイベント「db tech showcase」。2023年は「未来を創るデータ技術を、日本に、世界に、実装せよ!」をテーマに掲げ、4年ぶりにオフラインで開催された。同イベント2日目の夕方に行われたセッションでは、オープンソースの分散型NewSQLデータベースとして注目を集める「TiDB」について、実際にPoCや運用を行ってきたMySQLのプロフェッショナルが検証結果や利用した印象について、パネルディスカッション形式で語った。

MySQL互換の「TiDB」は待ち望んでいたデータベースか?

 「TiDBは使えるか討論 MySQLのプロがTiDBを斬る」と題して行われたセッションには、LINEヤフーとメルカリでMySQLを使いこなしているプロフェッショナルなエンジニア2名が登場。LINEヤフーでクラウド統括本部 Database本部 RDB2部 部長を務めている北川健太郎氏は、主にMySQLの導入から運用管理を担っている。2023年10月にLINEとヤフーが合併したことにより、それぞれが利用していたデータベースを管理する組織も1つになったばかりだ。

 同社ではオンプレミス型のプライベートクラウド環境を構築しており、そのシステムインフラとあわせてMySQLの運用も統合を進めるなど、「かなり大変だ」と北川氏は話す。

 LINEヤフーでは現状、1万5,000インスタンス以上のMySQLが稼働しており、MongoDBやOracle Database、Cassandraなど多様なデータベースが利用されているからだ。多くのMySQLを運用する中、データベースの負荷を分散するため「シャーディング(水平分割)」による運用を続けていたが、分散させたデータベースクラスタ管理の煩雑性や複雑化などに課題を抱えていたという。だからこそ、最初から“分散型での運用”を想定した上で構築しており、MySQLと高い互換性がある「TiDB」に着目。約2年前から検証を行ってきた。

 その検証結果について、「サービス用MySQLのHA構成を管理するシステムのバックエンドとして、マルチAZ(アベイラビリティゾーン)の仕組みにTiDBを配置しており、本番環境で利用しています」と北川氏。3つのAZを設けており、それぞれにTiDBを用いているという。

LINEヤフー クラウド統括本部 Database本部 RDB2部 部長 北川健太郎
LINEヤフー株式会社 クラウド統括本部 Database本部 RDB2部 部長 北川健太郎氏

 LINEヤフーと同様に、TiDBの検証を進めているのがフリマサービスや決済事業を展開するメルカリだ。同社ではMySQLやPostgreSQL、Cloud Spannerなど、さまざまなデータベースを活用している。オンプレミスのMySQLの運用管理を担当しているのが、同社 Database Reliability Engineering JP Reliability Engineerの三谷智史氏。拡張性の高さに期待し、TiDBには注目してきたと話す。

 そこでMySQLの移行について、クラウド環境でPoCを実施しテストを行った。メルカリで利用しているデータベースサーバーはLINEヤフーほど数が多くない一方、フリマサービスで利用するデータベースの容量は大きく、一部のデータベースは10TBを超えているという。なお、このデータベースについては、シャーディングによる分散型で運用されている。

 ここでモデレータを務めるPingCAP Japan CTOの林正記氏から、TiDBの良いところは聞こえてくるが、MySQLのプロとして実際にTiDBに触れて検証をしてみた印象として「本当にTiDBは夢のDBだったか」との質問が投げかけられた。北川氏は「性能はまだじっくりと検証していませんが、運用方法の確立について時間をかけて検証しました。現時点ではまだ夢のDBなのかはよくわかりませんが、夢のDBだったら良いなと思います」と話す。

 LINEヤフーでは、これまでTiDBの運用確立に手間をかけてきた結果として、「サーバーがダウンしても、すぐに起動してクラスターにジョインしなおすなど、運用は落ち着いてきました」と北川氏。クラスターの運用・保守ツールである「TiUP」を使うことで、各クラスターに対して一括インストール、バイナリを動的に置き換えるなどの操作が可能になり、オンプレミスでの運用には便利だと評価する。

 また、TiDBは“中身の仕組み”をよく理解していなくても容易に利用できるとも語る。その上で「パラメーターチューニングをしなくとも、デフォルトの設定でもかなり性能が発揮されます。検証の際、TiDBのパラメーターを全部見たのですが、何を変えたら良いのか正直分かりませんでした。ただ、デフォルトでもすごい性能が出たので、とても良い印象だったのを覚えています」と北川氏。1台のMySQLでなかなか性能が出にくい際、TiDBを活用できるだろうと評価する。

 また、三谷氏も夢のDBなのかわからないが、MySQL互換かつ高いスケーラビリティが発揮できるという意味では、待ち望んでいた製品だと述べる。メルカリでは既存環境の移行をテストするために、クラウド環境でPoCを実施。このときの性能目標に150万QPS(Queries Per Second)を掲げたが、PoCではこれを十分に達成できたと話す。100台を超えるクラスター構成で検証をしており、ノードを追加すればR/W性能が向上することも確認されている。

 一方、MySQLとの互換性は高いが「そもそもアーキテクチャが異なるので、まったく同じものと思って使ってしまうと痛い目を見るでしょう。別物だと思って使い始めた方がサプライズは少なくお勧めです」と三谷氏。たとえば、デフォルトの照合順序がMySQLとTiDBでは異なる。そのため、明示的に照合順序を指定する必要もあったという。

 三谷氏は、将来的にスケールアウトしていくことが想定されるならばTiDBを選び、そうでなければMySQLで一旦始めてみても十分だろうと述べる。MySQLには既にオープンソースのさまざまなツールが揃っており、それらが使える点に優位性があるからだ。ただ、MySQLで困ったり、性能面や運用面など明らかに厳しいと感じたりした場合は、選択肢としてTiDBを検討するのも良いだろう。林氏もTiDBはMySQLの互換データベースとして使う人は多いが、三谷氏の「最初から違うものとして扱うほうが良い」という指摘は鋭いという。

次のページ
MySQLでシャーディングするなら、最初からTiDBで

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:PingCAP株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/18935 2024/01/24 10:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング