SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

OracleとSunの技術の融合で他ベンダーが追いつけないEngineered Systemsを提供する


「2年前のハードウェアの考え方は、古かった。当時は、ベスト・オブ・ブリードしかなかった。Oracleに買収され2年が経過し、いまでは両社の技術が融合して新たにEngineered Systemsが生まれた」と言うのは、Oracleコーポレーション システムズ担当のエグゼクティブ・バイスプレジデントのジョン・ファウラー氏。マイクロプロセッサ、仮想化、OS、そしてそれらの管理ツールに至るすべてを開発、提供しているベンダーはOracleだけであり、さらにソフトウェア技術と融合しより良いものへと進化を続けていると胸を張る。

さらにハードウェアにソフトウェアの技術を取り込む

ジョン・ファウラー氏
ジョン・ファウラー氏

 「2年前のハードウェアの考え方は、古かった。当時は、ベスト・オブ・ブリードしかなかった。Oracleに買収され2年が経過し、いまでは両社の技術が融合して新たにEngineered Systemsが生まれた」と言うのは、Oracleコーポレーション システムズ担当のエグゼクティブ・バイスプレジデントのジョン・ファウラー氏。マイクロプロセッサ、仮想化、OS、そしてそれらの管理ツールに至るすべてを開発、提供しているベンダーはOracleだけであり、さらにソフトウェア技術と融合しより良いものへと進化を続けていると胸を張る。

 このEngineered Systemsは、今後もファミリーで提供し、すべてクラウドレディな製品として市場に提供さえる。。さらにOracleでは、完成されたEngineered Systemsだけでなく、SPARCプロセッサやストレージなど個々の汎用的なハードウェアにも、ソフトウェアのテクノロジーを取り込んで他社製品に対する優位性を創出するとファウラー氏は言う。

 この方針で開発が進められているものの1つが、ストレージ製品。Oracleには現状、Exadataで利用しているDatabase Storageがあり、これにはデータベースの性能を最大限に引き出すためのソフトウェア技術が組み込まれている。ここで培った技術を、汎用のNAS製品のZFS StorageやSAN製品のPillar Axiomにも取り込んでいる。さらには、StorageTek テープストレージにも、データベースと組み合わせてより効率化するためのソフトウェア技術が組み込まれている。

 たとえば、ZFS StorageやPillar Axiom 600には、データウェアハウスの処理で威力を発揮するHybrid Columnar Compressionが利用できる。この圧縮機能を使うことで、Exadataと同様ストレージ容量の利用効率5倍以上に向上する。さらに「ZFSには、仮想化の状況など、ストレージ上でいま何が行われているかを把握できる機能が備わっており、それにより効率化できる」とファウラー氏は言う。

次のページ
顧客にEngineered Systemsを選択してもらうにはすべてのスタックで最高のものを提供する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3907 2012/04/09 12:14

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング