SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

システム開発は要らない!タブレット導入のトリセツ

IoTは企業で"使えるモノ"になるか?

 IoT(Internet of thing)は、たびたび「モノのインターネット」と訳されるが、それでは日本語として成立していない。著者は、IoTを「どんなものでもインターネットにつなぐことにより、今よりももっと面白いことができるぞ」という提言だと考えればいい、と説明している。

IoTとは何なのか?

 今までインターネットとは無縁だったもの、例えば椅子、机をインターネットに接続するとどうなるか。あるいは、冷蔵庫、電子レンジといった家庭用電化製品ではどうか。さらには、家そのものがインターネットに接続されることにより、どういったことを実現できるだろうか、といった視点で考えていくということだ。

 すでに多くの企業が、様々なIoT製品に取り組み始めている。なかには、いったい何の意味があるのか分からないものもあるが、一方で有意義な製品も出始めている。そしてそれらは、タブレットやスマートフォンと密接な関係があることが多い。

鍵をインターネットに接続するとどうなるのか?

 たとえば、ご存知のようにオフィスの鍵がカードキーになっている企業が増えている。クレジットカードサイズのICカードをオフィス入り口にあるリーダーにかざすと解錠されるというものだ。筆者も、前職ではそのようなカードキーを持っていた。女性社員からは迷子札などと揶揄されながらも、全員が首からカードキーを下げて社内を移動していた。

 ある程度の企業になれば、カードキーで管理することは有効だ。入退出時間が正しく把握できるし、不要な場所での立ち入りを禁止することもできる。A部門の社員は関係ある部屋にしか入れないように制限することが可能であり、またセキュリティレベル毎に管理することもできる。

 しかし、中小企業などでは、そのコストを捻出することが難しいというところもある。そういった企業、あるいは一般家庭でも利用できるようなスマートロックと呼ばれるものが出てきている。これらはインターネットに接続することによって実現しており、IoTと呼ぶことができるものだ。IoTは、決して大規模なものばかりではないという典型例だ。

次のページ
スマホで鍵を開閉できるAkerun

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
システム開発は要らない!タブレット導入のトリセツ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

大木豊成(オオキトヨシゲ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/7173 2015/09/02 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング