Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

記事一覧

テーマ内その他記事

4831~4845件(全4858件)
  • arena.gif
    2007/08/08

    仕様書作成にどのツールを使う? Wordのメリットとは (1)

    この連載では、ビジネス文書を作成する上で知っておくと便利なMicrosoft Officeの操作テクニックを紹介します。普段、思いのほか文書作成に手間取っていないでしょうか。ちょっとしたコツで、見映えのするドキュメントを短時間で作成できます。今回は、各種Microsoft Officeツールで行うドキュメント作成の特徴や、文書作成におけるWordの強みについて紹介します。

  • a.gif
    2007/08/08

    ITエンジニアの「スキル」とはなにか?~手段としての人材育成

     新聞、テレビ、雑誌などで「スキルが不足している」ということがよく話題になっています。仕事に関することが多いと見受けられますが、実際は個人 個人の生い立ちや性格的なことにまで話が及ぶ場合もあるようです。読者の皆さんは「スキルとは何か説明してください」と言われた場合に適切に答えることができるでしょうか?  今回は、このように抽象的なものに思える「スキル」の捉え方について、経済産業省から発表されているITエンジニアのための指標「ITSS(ITスキル標準)」に、からめて整理してみます。

  • a.gif
    2007/08/08

    情報マネジメントの効能

     単に、プログラマーの頭数を集めればシステム開発ができると思っている管理者がいるかもしれませんが、そうではありません。一昔前にはシステム開発とは無縁だったと思われるような人、たとえば営業マンが、開発に参加する時代になっているのです。このような状況下では、情報を管理しつつ、ステークホルダー(利害関係者)と情報共有していくことが大切になります。  今回は情報マネジメントの効能について解説します。

  • arena.gif
    2007/08/07

    Windows Updateの管理を効率化する「WSUS」導入手順の基本

     前回はWSUSが求められる背景と、それに対応する仕組みや機能の概要を紹介しました。今回は実際にWSUSを構築し、さらに更新プログラム管理を行うまでの手順を解説します。

  • arena.gif
    2007/08/06

    端末の電力消費を考慮したアドホックネットワークDB

     無線LAN機能を持つモバイル端末にDECENTRAなどのソフトウェアを搭載すると、マルチホップ通信が実現されて1つのネットワークを構成できる。これはアドホックネットワークと呼ばれ、災害救助活動支援などでの応用が期待されているが、アドホックネットワークではデータの可用性を高めるため、データの複製を周囲の端末と共有することになるが、特定の端末にデータアクセスが集中すると、その電池はあっという間に消耗してしまう。それでは困るので、電池切れは全端末で一様に起こるようにしたい。今回は、データアクセスに応...

  • 0034_a.gif
    2007/07/31

    Windows Updateのエラー対応に役立つツール-第1回

     この連載では、「もっと楽に管理したい」「少しでも早く不具合の原因を突き止めたい」という管理者の皆さんの要望に答える便利な管理ツールを紹介していきます。今回はpatchmanagement.orgメーリングリストで紹介されていた「WSUS Error Code Lookup Tool」を取り上げます。Windows Updateのエラー分析に重宝することでしょう。

  • arena.gif
    2007/07/30

    Web開発におけるテスト関連ドキュメントの作成・運用術

    皆さんは「テスト仕様書」という言葉から何を連想されますか? 筆者の周囲に訊いてみたところ、「大量の印刷物」「メンテナンスが大変」「結局使われない」「報われない」などなど、総じてネガティブな回答が返ってきました。本当にそうなのでしょうか? それでよいのでしょうか? 本稿ではそれらについて改めて考えてみたいと思います。そして、テストとは何かを踏まえた、上手な「テスト仕様書」の作成・運用のためのコツを紹介していきます。  (開発の現場 Vol.003より転載)

  • arena.gif
    2007/07/30

    ツンデレでやさしく読み解くエンタープライズ2.0入門(後編)

     「エンタープライズ2.0」を「Web2.0」に続く単なるバズワードと考えてないでしょうか?  本連載では、単なる技術紹介にとどまることなく、エンタープライズ2.0の本質をビジネス視点で掘り下げることで、企業利益につながる活動として紹介してゆきます。まず第一回目は入門編ということで、エンタープライズ2.0の周辺で起こっている事象からみていくことにします(前編はこちら)。

  • 26_are.gif
    2007/07/30

    DeNAの人気サイトに学ぶ LAMPによるWeb-DBシステム構築/運用の極意(後編)

    株式会社ディー・エヌ・エーでは、「モバオク」「モバゲータウン」などの、Web/携帯電話向け大規模サービスを開発/運営しており、新しいオープンソースソフトウェアの導入も積極的に行なっている。本パートでは、このような実績を通して見い出されてきたWeb-DBシステムの構築/運用ノウハウを紹介していく。前編はこちら。  (DB Magazine 2007年6月号より転載)

  • arena.gif
    2007/07/30

    ツンデレでやさしく読み解くエンタープライズ2.0入門(前編)

     「エンタープライズ2.0」を「Web2.0」に続く単なるバズワードと考えてないでしょうか?  本連載では、単なる技術紹介にとどまることなく、エンタープライズ2.0の本質をビジネス視点で掘り下げることで、企業利益につながる活動として紹介してゆきます。まず第一回目は入門編ということで、エンタープライズ2.0の周辺で起こっている事象からみていくことにします(後編はこちら)。

  • 25_are.gif
    2007/07/30

    DeNAの人気サイトに学ぶ LAMPによるWeb-DBシステム構築/運用の極意(前編)

    株式会社ディー・エヌ・エーでは、オープンソースソフトウェアを活用して、「モバオク」「モバゲータウン」などのWeb/携帯電話向け大規模サービスを開発/運営している。特にMySQLについては数百台単位でレプリケーション運用しており、新しいオープンソースソフトウェアの導入も積極的に行なっている。本パートでは、このような実績を通して見い出されてきたWeb-DBシステムの構築/運用ノウハウを紹介していく。  (DB Magazine 2007年6月号より転載)

  • arena.gif
    2007/07/30

    社内のWindows更新処理を集中管理、「WSUS 3.0」とは

     WSUS(Windows Server Update Services)を一言で表すと「社内版Microsoft Updateサーバ」です。このサーバを導入することで、社内環境の更新プログラムの集中管理することができます。今回はWSUSの最新版「WSUS 3.0」が求められる背景から主要なコンポーネントまで、前提となる知識を紹介します。

  • arena.gif
    2007/07/30

    「なんでこんなに会議が多いの?」~ファシリテーションの必要性

     「この会議って本当に必要なの?」「会議が多くて仕事が進まないよ…」など、会議に対してモヤモヤしたものを感じる方は多いはず。この非効率的な状況を改善するには、会議を活性化させて、本当に必要なコミュニケーションを効率よく実践する必要があります。  この連載では、「コミュニケーションの最適化を実現するための手法」としての「ファシリテーション」を「会議運営」にテーマを絞って、はじめての人にもわかりやすく解説していきます。

  • 9_arena.gif
    2007/07/30

    ドキュメントに「夜間バッチ」と書いてはいけない

     あなたの書いた仕様書の説明はわかりやすいだろうか? 一見すると何の問題もないように思える説明文でも、突き詰めて見ていくと曖昧な表現が紛れ込んでおり、正しく情報を伝えられないことがある。ここでは例題文を検討しながら問題点を見つける力を身につけ、「適切な説明文」が書けるようにトレーニングしていこう。

  • arena.gif
    2007/07/30

    クラスタサービスとは?

     予期しないハードウェアやソフトウェアの不良で、重要なデータを保管しているファイルサーバや、コミュニケーションツールであるメールサーバが停止してしまうと、システムがビジネスに与える影響も大きくなります。このような事をなくすための技術が、クラスタリングです。  この連載では、クラスタリングを使って、Linuxの各種サービスを冗長化する方法について解説していきます。

4831~4845件(全4858件)
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5