EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「経験経済時代のAIテクノロジー ミン・スン」連載一覧

9件中1~9件を表示
  • 2021/03/11

    アフターコロナのAIトレンド:自然言語処理、医療、金融、農業のイノベーション

     これまで8回に渡り、AIの動向について解説してきました。今回は2021年のアフターコロナを見据えた技術動向について解説します。自然言語処理、医療、金融、農業の各分野で目覚ましいAIの進化が見られます。

  • 2021/03/03

    AIは未来を創るためのツールであり、主導権を持つのはあくまで人間である

     これまでの連載では、多岐にわたる産業で進められているAI活用プロジェクトを紹介し、より確度の高いかたちでAIのビジネス活用を進めるための指針を示してきました。今回の寄稿では、連載の総括として、将来的なAIの成長について考えていきます。

  • 2021/01/27

    AI活用組織の構築を阻む障壁と他社の成功から学ぶ対応策

     AI技術は、今後10年間で世界経済に13兆ドル以上の貢献をすると予測されているなか、ほとんどの企業が試験的なAI活用や、ほんの一部のビジネスプロセスでAIを活用する段階に留まっています。この現状を変えるためには、旧態依然とした組織体制に変革を起こしていく必要があると考えます。今回は、AI導入をうまく進められる組織を作り上げるために企業がすべきことは何なのかということに焦点を当て、考察を進めていきます。

  • 2021/01/25

    第3次AIブーム「失敗と達成」を検証し、今後のビジネス活用を考察する

     第3次AIブームの最初期に打ち立てられたムーンショットビジョンを達成した企業はほとんど存在していないと言っても過言ではなく、ほとんどのプロジェクトが頓挫または方向性の変更を強いられています。この8年間で何が達成され、どのようなプロジェクトが頓挫したのかを検証し、今後、AIをビジネスにどのように結びつけていくかを考察します。

  • 2021/01/19

    AIは本当に第4次産業革命をもたらすことができるのか?

     AIがキードライバーとなり新たな産業革命が起きつつあるのではないかという論調が広がりつつあります。今回は、これまでの産業革命とはいったいどのようなものだったのかを振り返ったうえで、産業革命の共通点を解き明かし、今後新たな産業革命が起こるのか、その可能性について考察していきます。

  • 2021/01/14

    ディーセント・ワークのために AIは何ができるか?

     過去3回にわたり人々が健康的な生活を送り、仕事をするためにテクノロジーがどのような役割を果たしており、今後どのようにさらなるテクノロジー活用が進むのかについて論じてきました。今回は、「ディーセント・ワーク」(働きがいのある人間らしい仕事)とテクノロジーの関係について語っていきます。

  • 2020/11/19

    ヘルスケアから介護、福祉の領域へ拡がるAIの可能性

     Appier社のチーフAIサイエンティストであるミン・スン氏が「経験経済」という視点でテクノロジーとビジネスを解説する本連載。今回の寄稿では、日本で注目が高まっている健康リスクの軽減や健康の増進に向けたヘルスケアおよび介護福祉へのテクノロジーの応用について説明します。

  • 2020/11/17

    「幻滅期」を越えた人工知能(AI)の今後の可能性とは

     本連載では、Appier社のチーフAIサイエンティストであるミン・スン氏が「経験経済」という視点でテクノロジーとビジネスを解説する。第二回は「幻滅期を超えたAI」が今後どのように進展するのか。コロナ後の経済をどう変えていくのかについて語る。

  • 2020/09/11

    アフター/ウイズ・コロナで浮上する「経験経済」とは何か

     本連載では、Appier社のチーフAIサイエンティストであるミン・スン氏の寄稿をお届けする。第一回は「AIが変革する経験―新型コロナ禍の中で考える次世代の経験経済」というテーマで、経験経済とは何か、そしてコロナ禍以降、テクノロジーによって社会やビジネスがどのように機能拡張していくかについて解説する。

1~9件(全9件)
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5