SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DX推進の最前線をキャッチアップ

そのIT投資、“最適”と断言できますか?DX推進担うCIO/CDOの名参謀ツールApptio日本上陸


自社のIT投資の状況を把握して初めて積極的な投資が可能になる

 これまでIT部門になかった武器が、Apptioだ。自社が利用するSAPやオラクル、AWSやAzure、Jiraやセールフォースなどのさまざまなサービスと連携し、一元管理できる。管理はAPIで接続することもあれば、会社によっては「CSVを出力してそれをApptioに読み込んでいる」(成塚氏)というケースも。「いずれにせよApptioの中に入れてしまえば、データはビジュアルかつ階層的に確認できるようになります」。

 Apptio導入によって、どのような成果が出るのか? 最大のメリットは、企業のIT投資をいったん全部入れ込んでしまえば、後はさまざまな階層でデータを閲覧、分析できることだ。例えば、昨今問題になっているシャドーITについても、A部門とB部門が類似のサービスを利用していたといったことが一目瞭然で分かる。また、導入しているサービスがどれだけアクティブに使われているのか? 適切な料金契約をしているのか? なども確認できる。

 実際に成塚氏にApptioサービス画面をいくつか見せてもらったところ、利用状況と照らし合わせた結果、オーバースペックとなってしまっているクラウドインスタンス一覧を提示してくれていた。シャドーITには、デメリットの半面、イノベーションを促進し、生産性を高めるというレポートもある。ビジネスのスタイルがオンプレミスからクラウド、SaaSへシフトしていきている以上、禁止するのではなく適切なモニタリングで運用していくことの方が時流に乗っているとも言える。

 Apptioは下段のIT予算計画と予算実績管理に加え、中段にある4つのポイントを実現、そして上段にある事業部門との連携を実現できる(クリックすると拡大)
Apptioは下段のIT予算計画と予算実績管理に加え、中段にある4つのポイントを実現。
そして上段にある事業部門との連携を実現できる(クリックすると拡大)
Apptio導入で得られた成果について、同社提供
Apptio導入で得られた成果について、同社提供

新しいサービスであるApptioを日本で普及させる上で、信頼性を手に入れる

 社長就任後、成塚氏は10数社の日本企業へ提案に行き、8割以上が興味を持ってもらえたと話し、Apptioの日本普及に自信を見せる。「トライアルプランも一部用意しているので、まずは体験してもらいたい」(成塚氏)。

 実際に自社のIT要素をApptioに組み込み、運用を開始するまでには2〜3カ月はかかると、同席したエンジニアは話したが、この作業の中で棚卸しや統合などによりコスト削減が発生し、挑戦的な投資をする機会も出てくるだろう。

 「まずは使っていただき、その上でCredibility(信頼性・確実性)を持ってもらえればと思っている」と成塚氏は話した。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DX推進の最前線をキャッチアップ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

押久保 剛(編集部)(オシクボ タケシ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

中村 祐介(ナカムラ ユウスケ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/12976 2021/05/14 17:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング