SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

データ活用のトップランナー3社が語る、生成AI時代に整備しておきたい「データ基盤」「AI」「人材」

「Data + AI ワールドツアー東京 2023」基調講演レポート

 9月14日、東京都内においてデータブリックス・ジャパンの年次カンファレンス「Data + AI ワールドツアー東京 2023」が開催されました。本稿では基調講演の内容をもとに、同社がレイクハウスプラットフォームで目指す“Data + AI”の民主化戦略、さらに国内事例としてソフトバンク、CCCMKホールディングス、AGCのユースケースを見ていきます。

「データとAIの民主化を推進する」

 ここであらためてDatabricksが提唱するData + AI基盤、すなわちレイクハウスプラットフォームを簡単に説明しておきます。レイクハウスプラットフォームとは、データウェアハウス(DWH)とデータレイクを統合して扱うことを目的にしたデータ活用のためのアーキテクチャであり、同社が2020年に提唱した概念がベースです。

画像を説明するテキストなくても可
クリックすると拡大します

 「これからの時代の勝者は、自社独自のData + AI基盤を構築・運用する『Data Forward』企業である」──基調講演の冒頭、データブリックス・ジャパン 代表取締役社長 笹俊文氏はこう述べました。2023年のIT業界は「ChatGPT」に代表される生成AI関連のニュースで埋め尽くされた感がありますが、日本でも既に多くの企業が生成AIをビジネスに取り込む動きを見せています。ただ、ChatGPTなどサードパーティの大規模言語モデル(LLM)をエンタープライズ企業がそのまま活用するには、セキュリティやガバナンスなど多くの課題があります。最近では独自LLMを構築する重要性も叫ばれています。

画像を説明するテキストなくても可
データブリックス・ジャパン 代表取締役社長 笹俊文氏

 しかし、企業が独自LLMを構築するハードルは非常に高く、それ以前の問題として、データ基盤やAI基盤の構築には高価で複雑なコンポーネントが必要になることが一般的でした。DatabricksはこうしたData + AIにまつわるハードルをなくし、「スマホライクな次世代データ基盤としてレイクハウスプラットフォームを普及させ、データとAIの民主化を推進する」(笹氏)ことを戦略として掲げています。

 今回は、Databricksのソリューションで「データの民主化」「AIの民主化」「人材育成」という3つのテーマに挑戦する3社の事例を紹介します。

次のページ
ソフトバンク:データ基盤を一元化し、よりシンプルに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

五味明子(ゴミ アキコ)

IT系出版社で編集者としてキャリアを積んだのち、2011年からフリーランスライターとして活動中。フィールドワークはオープンソース、クラウドコンピューティング、データアナリティクスなどエンタープライズITが中心で海外カンファレンスの取材が多い。
Twitter(@g3akk)や自身のブログでITニュース...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/18529 2023/10/11 08:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング