Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

"ビッグデータ"をバズワードで終わらせないために - 日立製作所・山口氏×野村総合研究所・鈴木氏

2012/03/05 00:00

いまやIT業界でもっとも耳にするバズワードとなった"ビッグデータ"だが、実はブームと呼ばれるようになってからかなり時間が経つにもかかわらず、未だに定義がはっきりしない曖昧模糊としたままの単語でもある。データを活用するというビジネスマインドがようやく国内企業にも少しずつつ浸透しようとしている中にあって、ビッグデータを単なる流行語で終わらせないためにはどんな取り組みが必要とされているのか。本稿では1月23日、東京・ベルサール九段で開催された「IT Initiative Day 2012 ビッグデータ時代のビジネス戦略」において、日立製作所 情報・通信システム社 ソフトウェア事業部 大量データ処理ビジネス推進室 担当部長 山口俊朗氏に、『ビッグデータビジネス』の著者である野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部主任コンサルタント 鈴木良介氏が"ビッグデータ時代のビジネス戦略"について迫った対談の内容をお伝えしたい。

10年前のユビキタスと何がちがうのか

ビッグデータとは何か
事業に役立つ知見を導出するための、「高解像」「高頻度生成」「多様・非構造」なデータ」
野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部主任コンサルタント 鈴木良介氏

 鈴木: ビッグデータという言葉は現在のところ、はっきりとした定義は固まっていません。ですが私個人の意見としては、

 ・高解像度

 ・高頻度生成(リアルタイム)

 ・多様(非構造を含む)

 であるデータを"ビッグデータ"と呼んでよいのでは、と思っています。データが高解像度化するということは、同じ現象をより細かく表現できるということですから、当然、データ量が増えます。そういったデータは種類も多様で、また頻繁に生成されれば、結果としてデータはビッグになる - これがビッグデータの現状ではないでしょうか。

 10年前、ユビキタスという考え方に注目が集まりました。考え方としては正しかったと思いますが、そのコンセプトを実現するほどには情報通信技術の活用が成熟していなかったのではないでしょうか?その理由はなぜか。10年前の段階ではまだデータ量も十分でなければ、データを分析し活用するという社会基盤もありませんでした。しかし一方で、10年前の2001年という年はデータをめぐる非常にシンボリックな動きが数多く見られました。JRからSuicaが登場し、FOMAサービスが開始したのも2001年です。その後、ネットワークは帯域がどんどん太くなり、さらにGPSが携帯電話に標準搭載されるようになり、データを取り巻く環境は10年で様変わりしたといえます。現在は、地道ながらも自ずとデータが蓄積される基盤が出来上がりつつあると感じます。

 現在はこの溜まってきたビッグデータを活用する段階に入ってきているのではないでしょうか。事業所内に溜まっている、ストレージのお荷物と呼ばれがちな"死蔵データ"をすこしずつ紐解いてみることで、だんだんと分析が進んでいくのでは…と期待しています。日立ではビッグデータの全体像をどのように捉え、データ分析から知見を得るにはどのような方法が有効だと定義しているのでしょうか。

人とモノが発信する社会にはデータのライフサイクルが必要

情報爆発時代のBig Data活用
情報爆発時代のBig Data活用

 山口: 人が発信する情報に加えて、モノが発信する情報が社会にあふれるようになったということが、現在のビッグデータブームを語る上で非常に重要なキーとなります。先ほど言われたようなICカードやGPSのほか、物流システムや電力メーターで使われているセンサーが、どんどんしゃべりだす時代になったのです。人が発信する情報とモノが発信する情報がこのまま増え続ければ、2015年には法人向け国内ディスクストレージシステムの容量は5,000ペタバイトに跳ね上がると予想されています。これは2011年の5倍に相当する数字です。

 このように、これまで誰も経験したことがない爆発的な量の"ビッグデータ"を活用するには、データのライフサイクルに応じた処理が必要だと日立は考えています。

 データのライフサイクルのフェーズは

 ・リアルタイム監視

 ・蓄積/検索

 ・集計/分析

 の3つに大きく分けられます。

 大量のデータを瞬時に分析するリアルタイム監視はストリームデータ処理やインメモリによるデータ処理などで実現できますが、日立はこの分野のミドルウェア製品として「uCosminexus Stream Data Platform」を提供しています。


著者プロフィール

  • 五味明子(ゴミ アキコ)

    IT系出版社で編集者としてキャリアを積んだのち、2011年からフリーランスライターとして活動中。フィールドワークはオープンソース、クラウドコンピューティング、データアナリティクスなどエンタープライズITが中心で海外カンファレンスの取材が多い。 Twitter(@g3akk)やFacebook(...

バックナンバー

連載:IT Initiative Day

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5